ジェンソン・バトン 「ハミルトンは間違いなくF1史上最高のドライバー」
元F1ドライバーのジェンソン・バトンは、ルイス・ハミルトンはF1でこれまで競走したなかで“最高のドライバーの一人”だと信じているが、比較するのは難しいことだと認める。

36歳のルイス・ハミルトンは、F1で最多勝利記録と最多ポールポジション記録を保持しており、2020年のF1ワールドチャンピオン獲得によって、ミハエル・シューマッハの7回の史上最多F1ワールドチャンピオン記録に並んだ。

それでも、ルイス・ハミルトンがそれらの記録を収めたのは、メルセデスのF1マシンの圧倒的な強さのためだと、その業績を認めない声も多い。

2010年から2012年にマクラーレンでルイス・ハミルトンとチームメイトだったジェンソン・バトンは、ハミルトンがF1史上最高のドライバーであることは間違いないが、F1の“異常”な性質がそう言うのを難しくしていると語る。

「彼は間違いなく史上最高のドライバーの一人だ」とジェンソン・バトンは語った。

「F1は非常に珍しいスポーツだ。チームスポーツであり、それはジョージ・ラッセルがメルセデスのマシンに飛び乗ったときに証明された」

「通常、彼はウィリアムズで予選を15~16番手で終えていたが、突然バルテリ・ボッタスに次ぐ2番手で予選を通過し、ルイスがそれまでレースでマシンに乗っていたときに管理していたものに近づいた」

「レースで、ジョージはボッタスを抜いて引き離し、ある時点で9秒前にいた。そのため、パッケージ全体のことであるため、最高のドライバーを判断することは非常に困難だ」

「マシン、ドライバー、ストラテジスト、すべてのメカニックが正しく仕事をしていることを確認し、ピットストップ、チーム全体の努力が重要だ。それが僕がF11を愛する理由だ」

「しかし、すべてのドライバーを比較して、それがマシンなのかドライバーなのかを言おうとしても、彼は答えることができない。それらはすべて無意味なものだ。

「しかし、ルイスは間違いなく、F1でこれまでにドライブした中で最高のドライバーの1人だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ルイス・ハミルトン / メルセデス