F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
ジェンソン・バトンは、今シーズンのフェルナンド・アロンソはマクラーレンの競争力不足にも関わらず、F1でレースをすることを楽しんでいるが、フラストレーションを抱えていることは一目瞭然であり、他のプロジェクトを進めるべきだとアドバイスした。

ジェンソン・バトンは「彼はまだF1を楽しんでいるけど、2度のワールドチャンピオンとして、8位でフィニッシュして満足するのはあまり慣れたいことではない」と Sky にコメント。

フェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの予選で13番手であり、ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)とマクラーレンとの差は2秒あった。それでもフェルナンド・アロンソは粘り強い走りを見せて8位でフィニッシュしている。

ベンチマークとなるストフェル・バンドーンはQ1敗退を喫しており、今年まだフェルナンド・アロンソを上回ることができておらず、レースでもフェルナンド・アロンソに近づくことができていない。

ジェンソン・バトンは、フェルナンド・アロンソのフランストレーションはマクラーレンが大きな改善を見せない限り解消されることはないだろうと考えている。

「彼が来年何をするのかは僕にはわからないけど、彼らには劇的な改善が必要だと思うし、彼は来年成功するためには大きな信念を持つか、さらなければならないだろう。彼がいかにフラストレーションを抱えているかは無線を聞いていればわかる」

「彼にはインディ500で優勝して、トリプルクラウンを達成するという野心がある。僕としても来年それは彼にとって良いオプションだと感じている」

「このようなことを経験したドライバーの視点として、彼は他のことをやるべきだと思う」

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、現在、日本でSUPER GTに参戦しつつ、SMPレーシングかあFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン