ジェンソン・バトン
F1オーストリアGPの予選で3番グリッドを獲得したジェンソン・バトンは、毎週末このようなコンディション変化が起こればいいとジョークを飛ばすほど上機嫌だった。

Q3セッション前にレッドブル・リンクには雨が降り、ドライバーたちは雨用タイヤでセッションを開始したが、すぐに雨は弱まり、路面は乾いていった。

ジェンソン・バトンは、ドライタイヤへの交換のタイミングを見逃さずに5番手タイムをマーク。ニコ・ロズベルグとセバスチャン・ベッテルがギアボックスペナルティーを受けるため、決勝レースは3番グリッドからスタートする。

ジェンソン・バトンの活躍で記憶に残るシーンといえば、このようなコンディションであることが多く、予選後のメディア取材でジェンソン・バトンは「こういうコンディションは大好きだ! 毎回こうしてくれないかな?」とコメント。

当初、ジェンソン・バトンは、繰り上がるグリッドは1つだけだと思っていたようであり、ニコ・ロズベルグもペナルティを受けると聞かされると「3番グリッド? ワォ。本当は知ってたからあまりプッシュしなかったんだけど(笑)・・・それは凄いね」とコメント。

「楽しいセッションだった。Q2はターン3でロックアップして終わったと思ったよ」

「ターン1と2で雨粒が落ちてきていて、影響はないと思っていたけど、ターン3はたぶんあったと思う。膨らんでしまう“ヤバい”と思ったけど、どうにか残れた。Q3の最後はいい判断ができた。僕たちはウェットで速かったし、ドライでも悪くなかった」

ジェンソン・バトンは、自分のスムーズなドライビングスタイルが乾きつつあるシュピールベルクの路面の攻略に効果的だったと考えている。

「うん、そう思う。たぶんね。僕のドライブの仕方が関係しているかもしれない。なぜか違うんだ。僕のドライビングスタイルは、クルマのベストを引き出せないコンディションと引き出せるコンディションがある。前の周の記憶ではなく、僕はコーナーに入る時にそのコーナーごとのグリップを感じ取っている。3番手スタートはとても嬉しいけど、トップ3の記者会見に出られないのだけが残念だよ!」

関連:ジェンソン・バトン、決勝は3番グリッドからスタート! / F1オーストリアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ホンダ | マクラーレン | F1オーストリアGP