ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、マクラーレン・ホンダがF1バーレーンGPで示した進歩を“心から誇り”に思っていいと述べた。

マクラーレンは、パワー重視のサーキットで競争力をみせた、ジェンソン・バトンはFP2で3番手タイムを記録。予選では2台とも目標のQ3には届かなかったが、レースでは、ストフェル・バンドーンがF1デビュー戦でポイントを獲得。ジェンソン・バトンもパワーユニット問題でリタイアするまで有望な走りをみせていた。

「最後まで走れなかったのは残念だったけど、全体得t機にクルマ自体は確実に改善している」とジェンソン・バトンはコメント。

「僕たちはFP2で3番手に速かった。そこが僕たちの位置だとは思わないけど、僕たちが良い進歩を遂げていることを示しているし、それはチームとして本当に誇りに思えることだと思う」

「バーレーンのレースで見舞われた問題はほんとうに小さな問題だった。多くのポイントを獲得できそうだった」

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、バーレーンでウィリアムズの2台とダニール・クビアトのレッドブルを倒せたはずだと考えている。

「我々はジェンソンが良いリザルトを出せたと思っている。少なくとも7位くらいはね」とエリック・ブーリエは述べた。

「異なるストーリーになっていたかもしれない」

「我々のクルマにはペースがあったし、ジェソンはクルマのバランスにとても満足していた」

「我々はレースの最初のラップで多くの燃料をセーブできていたし、ストフェルのペースはご存知のとおりだ。ジェンソンにもペースがあったことはわかっている」

「もちろん、それは“もしも”ではあるが、そのあたりにいられただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ホンダ | マクラーレン