ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、テスト初日の内容はポジティブに感じているが、開幕戦オーストラリアGPまでにホンダのパワーユニットはもっと多くのパフォーマンスを発揮する必要があると考えている。

F1合同テスト初日、ジェンソン・バトンは、新車MP4-31で84周を走行。これは去年の1回目のプレシーズンテスト4日間の合計(79周)を5周上回った。

ジェンソン・バトンは、ホンダは正しい方向に向いていると語る。「クルマにネガティブな点はない」

「特にいい手ごたえを得られたのは、パワーユニットのデプロイメントについてだ。ずっと安定して動作しており、問題は全くなかったので、ロングランにおいて昨年よりもよくなっていると思う」

「もちろん、それによって改善する必要がある他のクルマの弱点が浮き彫りになった。でも、楽しい一日だったし、かなり満足している」

「ペース? それはわからない。タイムを見れば、僕たちはまだ遅れていると言える。でも、僕たちはラップタイムを出すために走ってはいないし、いろいろなものをチェックするために走っている」

「今回のテストで僕たちが最速のクルマにはならないのは確かだし、おそらく一年の大部分でもそうだろう。でも、確認できている改善で言えば、クルマのフィーリングはいい」

ジェンソン・バトンは、トップから1.7秒遅れの6番手タイムでセッションを終えたが、トップ4がミディアムタイヤでタイムを記録していたのに対し、ジェンソン・バトンのベストラップはソフトタイヤでのものだった。

ジェンソン・バトンは、メルボルンまでにホンダのパワーユニットにはもっと多くの改善が必要だと考えている。

「デプロイメントに関して、僕たちは良い前進をしたけど、まだパワーユニットには多くの作業がある」

「ホンダは、冬の間に信頼性とに取り組み、デプロイメントに関して懸命に頑張ってくれた」

「でも、僕たちの誰もこのパワーユニットでメルボルンに行くことに満足するとは思っていない。開幕戦までにもっと多くを引き出せるのは確かだ。僕たちはそれを必要としている」

だが、ジェンソン・バトンは、ホンダのスタッフに少なくとも進歩を感じることができたと述べた。

「昨日、最初の会議をしたとき、彼らは英語で話しているときの方がずっと信頼できると話した」

「でも、彼らも自信を持っているし、冬の間に成し遂げたことを本当に信じている」

「当初、状況はとても異なっていたので、あのような自信を見ることができるのは素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ホンダF1 / マクラーレン