【速報】 F1イギリスGP 決勝 結果:フェルスタッペンが2位表彰台
2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPの決勝レースが8月2日(日)にシルバーストーン・サーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季3勝目を挙げた。

ホンダF1勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得。チームメイトのアレクサンダー・アルボンは8位入賞。アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが7位入賞、ダニール・クビアトはクラッシュを喫してリタイアでレースを終えた。

ファステストラップはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が記録した。

2020年 F1イギリスGP 決勝 結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
4.ダニエル・リカルド(ルノー)
5.ランド・ノリス(マクラーレン)
6.エステバン・オコン(ルノー)
7.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
8.アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
9.ランス・ストロール(レーシングポイント)
10.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
11.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
12.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
13.カルロス・サインツ(マクラーレン)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
16.ロマン・グロージャン(ハース)
17.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
DNF.ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
DNF.ケビン・マグヌッセン(ハース)
DNS.ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)

【レース展開】
トップ10でソフト使用義務があるドライバー以外はミディアムタイヤでのスタートを選択。メルセデスの2台が好スタートを切る一方で、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールが3番手をかけてバトル。一時はルクレールが前に出たがフェルスタッペンが抜き返す。

(1)ハミルトン(2)ボッタス(3)フェルスタッペン(4)ルクレール(5)サインツ(6)リカルド(7)ノリス(8)ストロール(9)オコン(10)ベッテル

1周目の最終コーナーでアレクサンダー・アルボンと接触したケビン・マグヌッセンがウォールにクラッシュ。セーフティカーが入る。

6周目にレースは再開。上位勢の順位に変更はなし。アルボンがピットに入りハードタイヤに交換する。先頭2台のメルセデスに対して、3番手のマックス・フェルスタッペンは0.3~0.5秒近く遅い。フェルスタッペンよりも1秒遅い4番手のシャルル・ルクレールが後続のソフト勢を抑えている。

13周目、ダニール・クビアトがターン11(マゴッツ)でクラッシュ。7番手のノリス以下が一斉にピットイン。翌周にはロマン・グロージャン以外がピットイン。全員がハードタイヤに交換する。アルボンに5秒ペナルティ。

(1)ハミルトン(2)ボッタス(3)フェルスタッペン(4)ルクレール(5)グロージャン(6)サインツ(7)リカルド(8)ノリス(9)ストロール(10)ベッテル

19周目にレースは再開。ノリスがリカルドを抜いて6番手、オコンがベッテルを抜いて10番手。23周目にはサインツがグロージャンを攻略して5番手に浮上。25周目にはリカルドを抜いたノリスもグロージャンを攻略して6番手に続く。

メルセデスの2台がファステストを出し合いながら後続とのギャップをコントロール。レッドブルはメルセデスより0.5~1秒遅く、フェラーリはレッドブルより1秒遅い。30周目の時点で(1)ハミルトン(2)+1.720 ボッタス (3)+7.157 フェルスタッペン(4)+12.538 ルクレール

31周目、アルボンがミディアムに交換しつつ5秒ペナルティを消化。36周目、ロマン・グロージャンがピットインするが時間がかかり最後尾で合流。全車がタイヤ交換義務を消化する。

37周目、ピエール・ガスリーがセバスチャン・ベッテルを抜いて入賞圏内10位に浮上。

ルイス・ハミルトンが3番手のフェルスタッペンとの10秒を維持しながらペースを上げない。ボッタスにフリーストップを与えないために3番手のフェルスタッペンとのギャップを縮めさせる意図?

46周目、アレクサンダー・アルボンがアントニオ・ジョビナッツィを抜いて12番手まで浮上。11番手のセバスチャン・ベッテルとの差は3秒。ファステストラップを出して追い上げる。キミ・ライコネンが縁石でフロントウイングを破損させてスロー走行。

49周目、ピエール・ガスリーがランス・ストロールを抜いて9番手に浮上。

50周目、バルテリ・ボッタスが左フロントタイヤをパンクさせてスロー走行。タイヤを交換して12番手でコースに復帰する。その隙にフェルスタッペンがピットイン。

ファイナルラップに5番手を走行していたカルロス・サインツが左フロントをパンクさせていピットイン。そして、トップを走行していたルイス・ハミルトンもパンク。2番手とのフェルスタッペンとの差は30秒。ハミルトンはそのまま走行を続けてトップでチェッカー。2位にフェルスタッペン、3位にルクレールが続いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP / F1レース結果