F1:イギリスGPを8月上旬に移動して検疫規制に対応 / 暫定カレンダー
F1は、イギリス政府の14日間の検疫規制が免除されない場合にもF1スタッフが移動できるように8月の最初の2つの週末をF1イギリスGPのために予約した。

当初、シルバーストーンでのF1イギリスGPは7月26日と8月2日の開催が検討されていたが、イギリス政府は6月8日から入国者に対して14日間の検疫措置を導入。そのため、F1はF1イギリスGPの前に14日間の空白を設け、F1ハンガリーGPを7月に移動した。

だが、イギリスのボリス・ジョンソン首相は、F1イギリスGPを実現するためにF1スタッフに対する検疫を免除するよう大臣に指示したとのニュースもあり、F1はシルバーストーンでの8月2日と8月9日という新しい日程を予約することへの自信を得た。

当初はシルバーストーン・クラシックが7月31日~8月2日に予定されていたが、今週イベントのキャンセルが決定し、このスロットが正式に開放した。

イギリス政府は検疫措置を3週間ごとに見直すとしており、その時期は6月下旬ということになるが、現在、すでに追加の免除対象について議論が行われている。

F1は今週イギリス政府と交渉していると理解されている。

シルバーストーンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングルは、8月に日付を移動することは実行可能だと明らかにしていた

スチュアート・プリングルは「我々が話し合った当初の日程は7月中旬から後半にかけて開催するものだが、実際には8月を通してある程度の柔軟性がある」と Sky Sports F1 に語った。

また、以前のバージョンのスケジュールで8月23日に暫定的に割り当てられていたF1スペインGPは、トリプルヘッダーの3番目のレグとして8月16日にシルバーストーンレースに続くことが予想されている。

ベルギーとイタリアのレースは、それぞれの元の日付である8月30日と9月6日のままだが、ホッケンハイムは、シルバーストーンを含む他のイベントが成功しなかった場合に備えて待機している。

2020年のF1世界選手権のヨーロッパラウンドの最新カレンダーは6月1日(月)に発表される予定となっている。

暫定版 2020年F1世界選手権 ヨーロッパF1カレンダー
7月5日:F1オーストリアGP
7月12日:F1オーストリアGP
7月19日:F1ハンガリーGP
8月2日:F1イギリスGP
8月9日:F1イギリスGP
8月16日:F1スペインGP
8月30日:F1ベルギーGP
9月6日:F1イタリアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP