F1イギリスGP:政府が6月1日から無観客でのプロスポーツ再開を許可
イギリス政府は、6月1日から無観客でのプロスポーツの再開を許可。7月のシルバーストーンでF1イギリスGPの実現がさらに一歩近づいた。

新型コロナウイルスの世界的大流行により、2020年のF1世界選手権は第10戦までが中止・延期となっている。F1は、7月5日と9日にオーストリアGPでシーズンを再開し、7月19日(日)と23日(木)にイギリスGPを開催するべく準備を進めていると報じられている。

イギリス政府は5月10日(日)夜にボリス・ジョンソン首相からの演説に続き、来週からのロックダウン措置を緩和する計画を概説する50ページの文書を11日(月)に発行した。

計画の第2フェーズには「大規模な社会的接触のリスクを回避しながら、文化的およびスポーツイベントを密室で放送することを許可する」ことが含まれている。この措置は早くとも6月1日まで有効にならないが、7月19日に無観客でF1イギリスGPを開催するチャンスを後押しするものと見なすことができる。

文書では、計画の第2フェーズの内容とタイミングは「ウイルスによってもたらされるリスクの最新の評価に依存し、政府が5つの主要なテストに適合しない場合、設定された日付が遅れることがある」と補足されている。

しかし、シルバーストーンがレースを開催するための青信号を与えられる前にいくつかのハードルが残っている。ボリス・ジョンソン首相は、日曜日の演説で、英国への飛行機旅行者が到着後すぐに14日間の自己隔離期間を入ることになると発表。F1の当初の青写真は脅かされているように見えた。

だが、11日に発効された新しいガイダンスでは、海外旅行に関する規制から免除される“ショートリスト”の存在が言及されている。

オーストリアからイギリスに移動するF1スタッフが14日間の自己隔離期間を守らなければならないかどうかは依然として不明であり、免除されなかった場合、F1オーストリアGPとF1イギリスGPを連続したに開催する計画が難しくなる。

F1の広報担当は「詳細を参照するのを待っており、安全にレースを再開する我々の計画について政府と協議しすることになる」と述べた。

また、ガイドラインの発表に続いて、シルバーストーンの広報担当はトラックとF1が「進行中の状況に関して緊密な対話を続け、無観客でイギリスGPを開催する可能性を評価している」と語った。

F1は、パドックのスタッフが旅行前に新型コロナウイルスの厳密な検査を行い、2日ごとにスタッフの検査をさらに行う“生物圏”環境の構築を計画しており、レース週末を通じてスタッフ間の接触を制限するために厳格な隔離措置が実装される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP