F1 イギリスグランプリ シルバーストーン 2018年のF1世界選手権
F1イギリスGPの舞台シルバーストーンが、コース内のバンプを解消するために全長5900m、コース幅15mに渡るレーシングトラックの路面再舗装工事を開始した。

当初、シルバーストーン・サーキットを所有するBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)は、MotoGPで頻繁にアクシデントが発生していたストーとクラブのコーナー間に新しいアスファルトを敷設する予定だった。

しかし、現在の路面の年齢を考慮し、サーキットの全長にわたって作業を行うことが決定された。

7月に開催されるF1イギリスGPでは、F1ドライバーは完全に新しい路面でレースをすることになる。

昨年、BRDCは、F1イギリスGP開催についての契約解除条項を行使。リバティメディアと新しい契約について交渉が重ねられているが、交渉が破たんした場合、今年がシルバーストーンでの最後のF1イギリスGPとなる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP