ブラウンGP ダブルタイトル獲得
ブラウンGPは、F1ブラジルGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが5位、ルーベンス・バリチェロが8位に入り、バトンのドライバーズチャンピオン、そしてコンストラクターズチャンピオンのダブルタイトルを獲得した。

参戦初年度のF1チームのタイトル獲得はF1史上初の快挙。また2000年にF1デビューを飾ったジェンソン・バトンにとって、参戦10年目にして初の栄冠となった。

ジェンソン・バトン (5位)
「今日は僕のキャリアでドライブした最高のレースだったし、この瞬間を本当に楽しもうと思っている。ここでコンストラクターズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップに勝ったことはチームにとって本当に素晴らしいことだし、僕たち全員が冬の間に経験した困難な期間のあと、彼らは本当にチャンピオンに値すると思う。今シーズンは、スタートでの勝利の意気揚々から、タイトルを獲るのに必要な結果を搾り出したシーズン後半の厳しい仕事までジェットコースターに乗っているようだった。今年ノルベルト・ハウグとメルセデス・ベンツ ハイパフォーマンス・エンジンズが僕たちに与えてくれたすべてのサポーツに心から感謝しなければならない。彼らの関与と信念、そして彼らが供給してくれた素晴らしいエンジンがなかったら、今日の僕たちの成功を達成することはできなかっただろう。個人的に感謝しなければならない名前を挙げるのはあまりに長すぎるけど、一年にわたって彼らのサポートがどれくら意味があったかはわかっているよ。懸命に作業して、こんなに素晴らしいクルマを作ってくれたブラックリーのファクトリーのみんなにも感謝したい。実感するには時間がかかりそうだけど、今は一生の夢を実現したことにふけっている。今夜はとんでもないパーティーになるだろうね!」

ルーベンス・バリチェロ (8位)
「今日のリザルトには間違いなく落ち込んでいるけど、ブラウンGPでの一年に満足しなければならないね。僕たちには本当に素晴らしいクルマ、そして素晴らしいチームだったし、シーズン開幕直前の僕たちの状況を考えると本当に信じられない一年だった。友達であるジェンソンのことを本当に嬉しく思っているし、彼は偉大なチャンピオンだ。僕たちは素晴らしい関係で一緒に働いたし、今年はそれを本当に示した。本気の戦いだったし、僕は本当に懸命に戦っていたけど、彼はシーズン前半に本当にそれに勝った。チームは今年素晴らしかったし、彼らは今日のコンストラクターズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップの勝利に完全に値する。僕たちは一緒に最高の夜を過ごすつもりだし、ームのためにコンストラクターズタイトルでチ僕の役割を果たせて嬉しいよ」

ブラウンGP 2009年F1世界選手権 ダブルタイトル ブラウンGP ダブルタイトル獲得

F1ブラジルGP結果:
F1ブラジルGP:優勝はウェバー、バトンがワールドチャンピオン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブラウンGP | F1ブラジルGP