バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では車により影響を与えられる」
バルテリ・ボッタスは、昨年まで所属したメルセデスF1チームと比較して、アルファロメオでは人間がF1マシンのパフォーマンスにより大きな影響を与えることができると感じている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1チームで5年間過ごした後、2022年シーズンにアルファロメオF1チームに加入した。メルセデスF1チームでは10勝を挙げ、彼がチームにいたすべてのシーズンでコンストラクターズチャンピオンシップを獲得するのに貢献した。

しかし、メルデスF1チームとの3戦目となる2017年のF1バーレーンGPでのものを含めて20回ポールポジションを獲得したにもかかわらず、バルテリ・ボッタスは、その期間に回のドライバーズタイトルを獲得したチームメイトのルイス・ハミルトンと定期的に競争することができなかった。

現在、バルテリ・ボッタスは、アルファ ロメオF1チームでチームリーダーの役割を担い、ルーキーの周冠宇とチームを組み、今シーズンこれまでに46ポイント中41ポイントを獲得している。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスよりもアルファロメオでは大きな責任を感じており、チームの長期計画についてより深く考えさせられていると説明した。

「チームを正しい方向に押し進める手助けをしたいと強く感じている」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「また、いつも『OK、これが本当に私たちが行きたい方向なのだろう?』と二度考えさせられる。本当に面白い」

「来年のマシンに関してさえ、最新情報などを聞くといつも、技術的にも関与するのは僕にとって本当に興味深いことだ。マシンがどのようにハンドリングするかについては、すでに想像し始めることができる」

メルセデスF1チームにいたときと比べて、車の開発に取り組む際の考え方に変化を感じたかと質問されたバルテリ・ボッタスは「そうだね。メルセデスとはそこまで関わることはできなかった」とコメント。

「こうすれば車は最速になるだろうとコンピューターが言っているようなものだった」

「ほとんどの場合はそれでうまくいったけど、今、人間的な影響を与えらえるのも素晴らしいことだ」」

バルテリ・ボッタスは、以前のインタビューで2022年はおそらくF1でこれまでで最も楽しいシーズンたと感じていると語っている。

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスのケースを「完全に想像できる」と語ったが、ボッタスがチームを前進させるためにリラックスしすぎないよう警告した。

「確かに、メルセデスではもっとプレッシャーがかかる。彼は常にルイスの陰にいて、常に短期契約を結んでいた」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「彼をリラックスした状況に置きたくない。これはパフォーマンスにとっても良くないからだ。しかし、彼がチームの完全なサポートを受けているというメッセージを彼に送りたい」

「過去20年間のすべての優れたスポーツプロジェクトを見れば、それは常にドライバーを中心に構築されていたと思う」

バルテリ・ボッタス F1 アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1