F1:バルテリ・ボッタス、“お尻ヌード”写真が680万円のチャリティ収益
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスの“お尻ヌード”写真が5万ユーロ(680万円)のチャリティ収益を生み出した。

マイアミグランプリの数日前、バルテリ・ボッタスは、プロのサイクリストであるティファニー・クロムウェルと一緒にダウンタイムを楽しんでいたコロラドの小川で全裸で横たわっている写真をソーシャルメディアに投稿した。

ティファニー・クロムウェルによって撮影されたその写真は思わぬ反響を呼んだことで、バルテリ・ボッタスは、以前にメルセデスF1で一緒に働いていた有名な写真家ポール・リプケと協力して、ファンにその“お尻ヌード”写真のポスターを購入できる特別な1日取引を提供した。

バルテリ・ボッタスとポール・リプケを驚かせたのは、5,000人がサインアップしてポスターを注文したことだ。これは、チャリティーに寄付される5万ユーロに相当する。

バルテリ・ボッタスはバルセロナで「まだ(ポスターに)サインしていない。明日(日曜日)のサイン会でサインするかもしれない。何人かに会えるかもね」と語り、写真を手にした人は誰もが「とてもラッキー」だったと付け加えた。

「何人かの写真を見た。リビングルーム、キッチン、寝室に写真を飾っている人もいた」

「ソーシャルメディアの力は信じられないね。こんなお尻の写真で24時間で5万ユーロのチャリティーを獲得したんだからね」

「クレイジーだ。よくわかんないけど、僕たちは良いことをしたみたいだね」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1