F1:バルテル・ボッタス、敗北を認める 「ルイス・ハミルトンは生きる伝説」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1時代のチームメイトであるルイス・ハミルトンは「生きる伝説」だと称し、自分よりも優れていたと認める。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1で7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハイルトンと5シーズンの間チームメイトとして戦った。その期間にボッタスはF1でのすべての勝利となる10勝を挙げた。

ルイス・ハミルトンに匹敵するパフォーマンスを発揮することもあったバルテリ・ボッタスだが、ハミルトンのレース毎、シーズン毎の揺るぎない一貫性は、尊敬すべき手強い相手であることを認識させ、最終的に攻撃不可能なライバルとなった。

メルセデスF1時代を振り返り、バルテリ・ボッタスはF1史上最も成功を収めているドライバーと一緒にレースをすることができたことを光栄に思っているし、最終年にベストショットを与えて満足してチームを去ることができたと語る。

「ルイスをチームメイトとして素晴らしい5年間過ごしたけど、今は実際にそれについて考えている。それは名誉だった」とアルファロメオF1チームに移籍したバルテリ・ボッタスはThe Raceに語った。

「彼は生きる伝説のようなものだ! それに彼は素晴らしい男であり、素晴らしいドライバーでだ。本当に速い。彼は間違いなく、僕に彼を倒すために一生懸命努力させてくれた」

「できたこともあったけど、シーズン平均ではできなかった。そういうものだ。結局、あなたはいつも自分よりも優れた誰かに会うものでだし、それを受け入れる必要がある」

「そこに問題はない。自分がベストを尽くしたときに時々彼を倒すことができたことに満足している」

「でも、僕たちは長い道のりを歩んできた。僕たちは一緒に多くのことを達成し、多くの1-2の結果、5回のコンストラクターズチャンピオンシップを一緒に達成した」

「僕は彼から人生とレースについて学んだ、そして、おそらくその逆もあったと思う。彼とは本当に良い時間を過ごすことができた」

バルテリ・ボッタスは、F1キャリアで新しい章を開いた。ミッドフィールドへの浮上を目指しているアルファロメオF1に移籍したボッタスは、メルセデス時代のチームメイトとすぐにバトルを展開するようなことはないだろう。

しかし、バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンが来月バーレーンで2022年シーズンのスタートで、昨年12月のF1アブダビGPでの不当な敗北によって興奮し、活気を取り戻したと信じている。

「去年の終わりにいろいろなことが起こったので、どうなるか見てみよう」とバルテリ・ボッタスは警告する。

「彼はかなり強くなっているだろうし、彼の中には炎が燃えているだろう。だから、注意しておいたほうがいい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ルイス・ハミルトン / メルセデス