バルテリ・ボッタス、メルセデスF1に最終出社「特別な一日だった」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のファクトリーに最終出社。別れを告げた一日は“本当に特別”だったと語り、正式にアルファロメオF1に向けてチームを離れた絵。

バルテリ・ボッタスは、すでにF1アブダビGP後のピレリのタイヤテストでアルファロメオF1のチームでの仕事を開始しているが、金曜日に最後のメルセデスカラーに戻り、ルイス・ハミルトン、トト・ヴォルフとともにファクトリーを訪れ、8年連続でコンストラクターズチャンピオンに輝いたことを確認してくれたを獲得した労働力に感謝の意を表した。

メルセデスF1は、物議を醸すF1アブダビGPが終了して以来、3日間沈黙を貫いていたが、抗議を取り下げた12月16日からソーシャルメディアでも投稿を再開している。

メルセデスF1は、F1レースディレクターのマイケル・マシが下した決断、FIA(国際自動車連盟)のプロセスには納得してないが、敗北を認めるよりも、彼らが信じる“正義”を貫くとして上訴計画を取りやめた。

バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンとともに5シーズン連続でコンストラクターズチャンピオンシップを獲得するという100%の記録を残してメルセデスF1を去り、別れのメッセージを残してアルファロメオに向けて出発。来年はルーキーの周冠宇をチームメイトに迎えてアルファロメオF1のチームリーダーになる。

「メルセデスのファクトリーでの最後の日だった。感動的だった」とチームのソーシャルメディアビデオでバルテリ・ボッタスは語った。

「すべての人に会えて良かった。チームに5年間参加できたことを本当に誇りに思うし、光栄に思います。そのすべての年でコンストラクターズの称号を獲得した」

「それに、FIAドライバーズチャンピオンシップのトロフィーの中には、優勝したものではなくても、僕のたえの他のトロフィーもある」

「すべてのサポートに感謝する。それは多くのことを意味する。そして、今日、別れを告げたチームの全員に感謝する。本当に特別な日だった」

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1で10勝を挙げ、20回のポールポジション、58回表彰台を獲得した。彼はまた、チームとの101回のグランプリすべてでQ3に到達した。

バルテリ・ボッタス メルセデスF1バルテリ・ボッタス メルセデスF1バルテリ・ボッタス メルセデスF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス