バルテリ・ボッタス、ハミルトンの敗北は「自分事のように打ちのめされた」
バルテリ・ボッタスは、F1アブダビGPでの劇的なルイス・ハミルトンの敗北を自分のことにように感じており、「精神的に打ちのめされた」と語った。

残念ながら、バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でのラストレースとなったF1アブダビGPを後方で戦うことになり、チームメイトのタイトル争いをサポートすることができなかった。

レースの大部分を支配していたルイス・ハミルトンだが、残り5周のセーフティカー配備によってレースは真逆の展開となり、新品のソフトタイヤを履いたマックス・フェルスタッペンに対し、摩耗したハードタイヤのハミルトンに成す術はなかった。バルテリ・ボッタスもミッドフィールドで同じように新品ソフト勢に喰われた。

メルセデスF1は8年連続でコンストラクターズタイトルを獲得したが、バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンのドライバーズタイトルの敗北を自分のことのように感じている。

「まだ誰にも会っていないけど、もちろん両方のタイトルを手に入れたかったと感じることができる」とレース直後にバルテリ・ボッタスは語った。

「コンストラクターズを再び獲得することは非常に大きなことだけど、同時にルイスがドライバーズを獲得できなかったことは痛い。なぜなら、彼が負けたことは、僕にとっても自分がチャンピオンシップに負けたように感じる」

「彼はそれにふさわしいと感じているし、本当に彼のことを思うと精神的に打ちのめされている。彼は素晴らしいスタートと素晴らしいレースをして、そして、状況はこのように変わった・・・」

「でも、それがスポーツというものだ。僕たちはそれがどのように進むかを知っている。時にはそれは反対になり、時にはそれは自分に有利に働くこともある。でも、今日は僕たちの日ではなった」

当然ながら、バルテリ・ボッタスは、ポジティブな気持ちでメルセデスF1での彼の章を閉じることを望んでいた。それでも、ボッタスはメルセデスF1での5年間の実績と、現在の元チームが達成したすべてのことを誇りに思っている。

「今こそ新しいことをする時だ。僕たちが一緒に成し遂げたことを本当に誇りに思っているし、感謝している」と2022年にアルファロメオF1で新たなキャリアをスタートさせるバルtリ・ボッタスは語った。

「僕たちは素晴らしいことをした。それを終えるには最高のレースではなかったかもしれないけど、全体像を見る必要がある」

「僕たちは5つのコンストラクターを獲得した。ルイスはF1の歴史の中で最も成功したチームメイトのペアだったし、去るのはちょっと悲しいけど、もちろん将来を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1アブダビGP