バルテリ・ボッタス、苛立ちをメルセデスにぶつける「チームは寝ていた」 / F1 70周年記念GPの決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1 70周年記念GPでマックス・フェルスタッペンが勝利にむけて邁進しているときにチームは“ある時点で寝ていた”と苛立ちをぶつけた。

ポールポジションからスタートしたバルテリ・ボッタスは、レース序盤をリードしたが、ハードタイヤに交換した第2スティントはペースに苦しんだ。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンのハードタイヤの第1スティントを伸ばす戦略を選んだが、バルテリ・ボッタスが新品タイヤに履き替えてもペースに合わせることができた。

1回目のピットストップまでバルテリ・ボッタスを抑えたマックス・フェルスタッペンは、26周目にミディアムタイヤに交換してボッタスの後ろでコースに復帰したが、その周のリフィールドでリードを奪い返し、そのまま勝利を収めた。

2ストップ戦略のバルテリ・ボッタスは、レース終盤にチームメイトのルイス・ハミルトンに抜かれて3位でレースを終えた。

「ポールからスタートして3位でフィニッシュするのは明らかにイライラする」とバルテリ・ボッタスはレース後に語った。

「チームとして、マックスが前に出たときに僕たちは寝ていたと思う。僕の戦略は理想からかけ離れていた。今日から学ぶことはたくさんある」

「マックスに追いつくチャンスがあったが、終盤にプッシュし始めるとタイヤがバラバラになってしまった」

「今日のタイヤはブリスターが出ていたけど、レッドブルは問題なかったようだし、彼らは明らかに優位に立っていた」

レース中、2台のメルセデスはハードタイヤのブリスターに苦しみ、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンのペースに追いつくことができなかった。

今週のシルバーストンは前戦イギリスGPよりも気温が上がり、レース中の路面温度は40度を超えていたが、ピレリは1ステップ柔らかいコンパンドを導入している。

「とにかくタイヤはオーバーヒートしていたし、基本的に沸騰していた」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「タイヤに穴が開いて、グリップが失われた。特定のタイヤでブリスターが発生し始めると、コーナリンググリップが失われ、徐々にスピードが低下する」

「僕たちは前に進む。もちろん、残念な日だったけど、僕たちは前に進む」

関連:F1 70周年記念GP 結果:マックス・フェルスタッペンが今季初優勝!ホンダF1勢は3台が入賞!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1イギリスGP