バルテリ・ボッタス、ニコ・ロズベルグとの比較に不快感 「僕は僕」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンを倒すためにはニコ・ヒュルケンベルグのような心理戦が必要なのではないかとF1ブラジルGPで質問されて不快感を露わにした。

2019年はF1でのベストシーズンだと語るバルテリ・ボッタスだが、F1アメリカGPで自身6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンを苦しめるには至らなかった。

2014年にV6ターボハイブリッド時代に投入して以来、ルイス・ハミルトンを破ったのは2016年のチームメイトだったニコ・ロズベルグただ一人だけだ。

F1ワールドチャンピオンを獲得した直後に引退したニコ・ロズベルグは、自分と同じようにルイス・ハミルトンに心理戦を仕掛けることがバルテリ・ボッタスがチャンピオンシップを獲得するための鍵になると語っていた。

しかし、ニコ・ロズベルグとの比較にバルテリ・ボッタスの忍耐は尽き始めているようだ。

ルイス・ハミルトンと戦うために、もっと攻撃的で政治的である必要があるかと質問されたバルテリ・ボッタスは「完全に正直に言うと、その手の質問質問には飽き飽きしている。すべてのドライバーは別々だ。僕は僕であり、ニコではない」とコメント。

「僕は常に自分の目標をどのように達成したいかについて様々計画を持っている。もちろん、チャンピオンシップではチームメイトを倒す必要があるけど、他にも多くのドライバーがいる」

「僕は常にコース上で話すことを好んでいる。パフォーマンスを維持し、自分の持つすべてのエネルギーを自分のパフォーマンスに集中できるなら、それが僕にとって最善の策になると思っている」

「他の場所でエネルギーを浪費し始めれば、ドライビングや本当に重要なことから気が逸れてしまうかもしれない」

「自分が望んでいるレベルでパフォーマンスを発揮できれば、それは通常、ガレージの反対側を少し混乱させる傾向がある。それが反対側にいる人のミスを誘う可能性がある」

バルテリ・ボッタスは、2020年にルイス・ハミルトンを倒すための計画を持っているが、その計画が何であるかを言うつもりはないと語る。

「来年の計画はあるが、それを共有するつもりはない」とバルテリ・ボッタスは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / ニコ・ヒュルケンベルグ