バルテリ・ボッタス F1
バルテリ・ボッタス(メルセデス)は、F1スペインGPでチームメイトのルイス・ハミルトンを助けるためにセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を抑えることが“ミッション”だったと述べた。

レースをリードするセバスチャン・ベッテルをルイス・ハミルトンが追っていた際、ピットストップを延ばしたバルテリ・ボッタスは4周にわたってベッテルを抑えた。

最終的にルイス・ハミルトンはベッテルを攻略して優勝。セバスチャン・ベッテルはレース後、メルセデスが自分を“ブロック”させるためにボッタスを使うだろうことはわかっていたと述べ、そこで“多くのタイム”を失ったと嘆いている。

バルテリ・ボッタスは、チームの優勝のために役割を果たしたことに満足していると語る。

「セバスチャンを抑えて、タイムを失わせるためにあらゆる手を尽くしたよ」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「その時点ではそれが僕の仕事であり、ミッションだった。でも、ペース差はあまりに大きかったし、最終的には抜かれてしまった」

「でも、今日チームを助けることができたのは確かだ。ちょっとした差を生めたと思うし、少なくとも、チームとしてフェラーリとのポイント差を拡大することができたのは良いことだ」

「でも、今日は2人揃って力強いフィニッシュをしてもっと大きな差をつけられる可能性もあった」

キミ・ライコネン(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がオープニングラップでの接触でリタイアしており、メルセデスはフェラーリとのポイント差を広げるチャンスだったが、最終的にバルテリ・ボッタスはエンジン故障によってレースをリタイアしている。

ライコネンとフェルスタッペンの接触に関与していたバルテリ・ボッタスは、事故を避けるためにやれることはなかったと感じていると述べた。

「スタートは良かったし、蹴り出しもいい感じだった。前のドライバーをかなり早くに捕えていたけど、あの時はどこにも行き場はなかった」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「最初は左に行こうと思っていたけど、十分なスペースがなかった。最初はギャップがあったのでインサイドに行こうとしたけど、その後、セバスチャンがそれを閉めたので、彼の後ろで身動きが取れなくなった」

「ターン1にむけてイン側をキープしようとしていた。もちろん、アウト側のドライバーは常にオーバーテイクを試みるものだ。僕とキミとの接触は不運だった」

「全てがあまりにタイトで接近していた。その後に彼らに起こったことは残念だ。でも、接近しているときはヒットすることもある。仕方のないことだ」

「僕は自分のポジションをキープしようとしていたし、2台のためにあれ以上スペースは空けられなかったと感じている。実際、僕も接触の後、第1スティントで苦しんだ」

「表彰台でフィニッシュできたはずだったので、とても落胆しているけど、(金曜日のプラクティスで水漏れが見つかったことで)僕たちは古いエンジンで走るというリスクをとった」

「マイレージが尽きつつあることはわかっていたけど、予選のためにはそれしかオプションがなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス