バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
バルテリ・ボッタスが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。ウィリアムズは今年のシルバーストンでF1参戦600戦目を迎える。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「ウィリアムズにとって多くの歴史のあり、走っていて本当に楽しいトラックでホームのファンの前で600戦目を祝うので、チームにとって非常に特別な週末になる」

「シルバーストンは、クラシックなレーストラックだ。速く抜けるには多くのダウンフォースが必要なとても高速なコーナーがある。去年FP1と若手ドライバーテストで走っているので、シルバーストンでのF1カーでの走行経験はある。それはいつもすぐに予備知識を得るのに役に立つ。通常、気温が低くて、非常に要求の多いトラックなので、かなりのグレイニングが出てタイヤにかなりタフだ。しばしば雨が降ったり、冷えたコンディションになることがあるので、決して簡単なサーキットではないけど、カナダではウェットコンディションで力強い予選をしているので、今回もうまく対処できると自信を持っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ウィリアムズ / F1イギリスGP