BMW、マクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰の噂
BMWが、マクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰する可能性が噂されている。

噂では、BMWがロードカーを製造するためにマクラーレンと契約を結んだ可能性があるとされている。F1ジャーナリストのジョー・サワードは、それはBMWがF1に復帰することを意味している可能性があると自身のウェブサイトで述べた。

「ライバルのメルセデス、ポルシェ、アウディと真正面から競争するためにね」とジョー・サワードは書いた。

1990年代にマクラーレンのF1スーパーカーで2つのブランドは協力しており、マクラーレンとBMWが協力するのはこれが初めてではない。

「マクラーレンには独自のF1エンジンプログラムを実行するための資金がないので、おそらくBMWと一緒にベッドに入るのは良い考えかもしれない」

マクラーレンは、F1参入を計画しているアウディから買収提案があったが、マクラーレンの名前を残したいためにそれを拒否したとされている。アウディは、ザウバー(アルファロメオ)を買収して、ワークスチームとして参戦すると噂されている。

BMWはF1では未知の名前ではない。1980年代にBMWは、ブラバム、ATS、アローズ、ベネトン、リジェにエンジンを供給した。特にブラバムでは多くの成功が達成された。1988年以降、BMWの名前は2000年にウィリアムズと契約するまで姿を消した。ウィリアムズとは再び多くの勝利を収めたが、チャンピオンシップは獲得できなかった。

2006年にBMWはザウバーを購入することを決定し、その年以降、チームはBMWザウバーF1チームとして知られていた。ロバート・クビサがBMWに1勝をもたらしたが、チャンピオンシップには勝つことはできなかった。2009年以降、BMWはF1から姿を消した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / BMW / マクラーレン