BMWザウバー KERS
BMWザウバーは、今週末のスペインGPでKERSを使わないことを明らかにした。

BMWザウバーは、開幕戦からKERSを搭載するチームの1つだが、これまでのレースでは苦戦を強いられていた。特にバーレーンGPでは、初めて両方のドライバーがKERSを搭載したが、マシンのバランスに苦しみ、最下位に終わっていた。

チームは、スペインGPでF1.09に大幅な空力アップグレードを投入する予定だが、チーム代表のマリオ・タイセンは、これがKERSを使わない理由になったと語る。

「バルセロナでは2台ともKERSを使わない。空力アップデートを持ち込むが、KERSを使うと働かないためだ」

またマリオ・タイセンは、モナコGPでもKERSを使わないことを明らかにした。ただ、他のチームもモンテカルロの特性を考慮し、同じようにKERSを使用しないだろうとみられている。

「我々はトルコで再びKERSを搭載するかもしれない」

タイセンは、原則KERSを使う方針であり、永久にKERSを見捨てることはないと語る。

「テクノロジーとしての我々の結論は、とてもポジティブだ。スリックタイヤと重量配分によって、フロントアスクルには優れた重量が必要だ。それに反して、KERSはマシンの中央に置かれており、中央やそれ以降の重量の原因となっている」

KERSは来年から義務化される予定だが、多くのチームはコストを理由にその規約と戦っている。

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW