BMWザウバー F1.09
BMWザウバーは20日、スペインのバレンシアで2009年マシン「F1.09」を発表した。

発表会にはロバート・クビサとニック・ハイドフェルドが参加。その後、ロバート・クビサによりシェイクダウンが行われた。

BMWザウバー F1.09は、昨年末にテストされていた暫定マシンとは大きく変わらない印象。幅の広いフロントノーズとショルダー部分を高く設定したサイドポッドが特徴となる。

またBMWザウバーは、最もKERSに力を入れているチームであり、この日シェイクダウンされたF1.09にも、当然ながらKERSが搭載されていた。

BMWザウバー F1.09 発表会画像

BMWザウバー F1.09(画像) BMWザウバー F1.09 走行画像

関連:BMWザウバー F1.09

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW