F1ベルギーGPの2022年06月のF1情報を一覧表示します。

スパ・フランコルシャン 存続をかけて“アメリカ流”演出に転換?

2022年6月24日
F1ベルギーGP:スパ・フランコルシャン 存続をかけて“アメリカ流”演出に転換?
F1ベルギーGPのレースプロモーターを務めるシュタイン・デ・ボーファーは、スパ・グランコシャンがF1カレンダーにとどまりたいのであれば“アメリカ流”の演出を採用する必要があると認める。

F1のオーナーであるリバティメディアが、マイアミやラスベガスなど新たなエキサイティングなイベントを開拓していることで、象徴的なサーキットが2023年の24戦のF1スケジュールから外れる可能性があることがますます明確になっている。

2023年にスパ・フランコルシャンがF1カレンダー落ちとの報道

2022年6月21日
F1ベルギーGP:2023年にスパ・フランコルシャンがF1カレンダー落ちとの報道
2023年のF1カレンダーから伝説的なスパ・フランコルシャンが脱落すると報じられている。

先週末のカナダグランプリで、F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2023年は記録的な24レースまでカレンダーをさらに拡大するとの可能性があると語った。

アルファロメオF1のチーム代表をフレデリック・ヴァスールは「24、23、22の間に大きな違いはない」と語った。

マックス・フェルスタッペン 「モナコとスパはF1カレンダーに残してほしい」

2022年6月9日
マックス・フェルスタッペン 「モナコとスパはF1カレンダーに残してほしい」
マックス・フェルスタッペンは、F1カレンダーから外してほしくないトラックを1つ選ぶように求められ、モナコに敬意を表しつつ、スパ・フランコルシャンを選んだ。

F1を開催したいという各国の要求はかつてないほど強くなっており、F1はスケジュールを拡大しているが、すべての要求を受け入れることができるわけではんないため、厳しい決断に直面している。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム