F1ベルギーGP:2023年にスパ・フランコルシャンがF1カレンダー落ちとの報道
2023年のF1カレンダーから伝説的なスパ・フランコルシャンが脱落すると報じられている。

先週末のカナダグランプリで、F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2023年は記録的な24レースまでカレンダーをさらに拡大するとの可能性があると語った。

アルファロメオF1のチーム代表をフレデリック・ヴァスールは「24、23、22の間に大きな違いはない」と語った。

しかし、F1は米国、さらにはアフリカといった新しい市場を開拓しており、24レースのうち16レースはヨーロッパ以外のグランプリのために確保されていると言われている。

したがって、伝説のオー・ルージュのセクションを大幅にアップグレードしたにも関わらず、プロモーターがまだF1との新契約に合意していないことで、F1ベルギーGPがカレンダー落ちする可能性が高いとされている。

しかし、スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストには感傷的になる時間はないようだ。

「完全に簡単なことだ」とフランツ・トストは語った。

「お金がないなら、ゲームはない。彼らがお金を持っているなら、我々はそこに行く。お金がなければそこには行かない」

Algemeen Dagbladによると、2023年のF1カレンダーの最初にドラフトは、夏の終わりまで発行されることはないとしている。

特派員のジョー・ボシュイは、「だが、計画は徐々に明確になりつつあり、それらはスパ・フランコルシャンにとっては良くは見えない」と付け加えた。

ジョー・ボシュイは、土曜日の午後にモントリオールで2023年のF1カレンダーがF1チーム代表の会議で議論され、スパ・フランコルシャンの脱落がさらに高まった可能性が高いと述べた。

「カレンダーにヨーロッパのサーキットための場所は8つしかなく、シルバーストン、ブダペスト、スペイン、イモラ、ザントフォールト、モンツァはすべて2023年の契約を結んでいる」とジョー・ボシュイは付け加えた。

「モナコとの交渉はまだ続いており、オーストリアは、レッドブルがサーキットを所有しているので大丈夫だろう。これは、ヨーロッパの8つの日付がすでに入力されていることを意味する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ベルギーGP