ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2012年のウィリアムズのレースシート候補に戻ったと報じられている。

ウィリアムズは、パストール・マルドナドの新しいチームメイトとしてエイドリアン・スーティルを検討しているとされ、ルーベンス・バリチェロのF1キャリアは終焉を迎えると予想されていた。

しかし、Gulf Today は、「(バリチェロ)は候補に戻っており、現在2012年のウィリアムズで走るチャンスがある」とするバリチェロに近い筋のコメントを紹介。

ルーベンス・バリチェロは、エイドリアン・スーティルのスポンサーであるメディオンが持ち込むとされる500万ドル(約3億8400万円)を個人スポンサーで集めたと噂されている。

Telegraph の記者トム・キャリーは「伝えられるところでは、ルーベンス・バリチェロは11月のブラジルGPではほぼ除外されていた(シートの)議論に戻っている」と述べた。

ウィリアムズは、年間700万ドルを支払っていたタイトルスポンサーのAT&Tを失ったと報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ウィリアムズ