バリチェロ 「シューマッハは自分のためだけにレースをしていた」
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、ミハエル・シューマッハとは良好な関係を築いていたが、彼は自分のためだけにレースをしていると感じていたと語る。

ルーベンス・バリチェロは、2000年から2005年までミハエル・シューマッハとチームを組み、その6年間で9勝を挙げた。しかし、フェラーリ時代を通して、バリチェロはチーム内のナンバー2の役割を演じることになった。

ルーベンス・バリチェロは、ミハエル・シューマッハは決して“協力的”なチームメイトではなかったと語る。

「僕はいつも友達を作り、チームメイト全員と常に良い関係を築いてきた」とルーベンス・バリチェロは Beyond the Grid で語った。

そのリストにミハエル・シューマッハも含まれているかと質問されたルーベンス・バリチェロは「そう言えるね」とコメント。

「でも、彼は決して協力的ではなかった。彼は決して助けを求めていなかったので、僕も尋ねなかった」

「尋ねることができるチームメイトもいるけど、彼は・・・ミハエルは違っていた。彼は働き方が少しナイーブだった」

「会議と終えて、彼らがミハエルとだけまた別の会議を始めることが何度もあった。僕は椅子を持ってきてただそこに座っているだけだった」

「最終的に、チームが彼だと感じた」

しかし、ルーベンス・バリチェロは、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハがコース上で並外れていたと認める。

「彼は高速コーナーで物凄かった。非常に勇気があると感じた」とルーベンス・バリチェロは付け加えた。

「低速コーナーでより多くのスピードを出していた。

「ロス(ブラウン)が彼に何か違うことをしなければならないと何度も言っていたのを覚えている」

「僕たち2人はお互いに別のレベルにプッシュしていたと思う。それは良いことだった。そして、ミハエル・シューマッハを新しいレベルにすることは簡単ではなかった」

ルーベンス・バリチェロは、自分の方がミハエル・シューマッハよりも“精神的”に優れていたと語る。

「自分をミハエルと比較するならば、70:30だったと思う。こう言い換えてみよう、彼は僕よりも優れていた」とルーベンス・バリチェロは語る。

「彼の方がより完全だったし、マイケルは悪い日を過ごさなかった」

「彼が悪い日を過ごしたときはいつでもチームは彼をバックアップする準備をしていた。彼らは彼にポジティブな影響を与える方法を知っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / フェラーリ / ミハエル・シューマッハ