F1 バーレーンGP
FIA(国際自動車連盟)は、2019年の開幕戦オーストラリアGPでスタートシグナルが見えないドライバーがいたことを受け、F1バーレーンGPでリピーターライトを追加することを決定した。

リピーターライトは、メインのスタートシグナルよりもさらに後方グリッドに複数設置され、スターティングポジションに関係なく、すべてのドライバーがスタートシグナルを確認できるように配慮される。

2019年は空力レギュレーションが変更になり、リアウイングが拡大。F1オーストラリアGPでは最後列のジョージ・ラッセルとロバート・クビサのウィリムズの両ドライバー、そして、17番グリッドのピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が、前のマシンのリアウイングに遮られてスタートシグナルが見えなかったと訴えていた。

関連:2019年 F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1バーレーンGP | FIA