2020年の開幕戦はF1オーストリアGPの可能性…無観客・平日開催も視野
2020年のF1世界選手権は、無観客レースでのF1オーストリアGPで開幕することになるかもしれない。

F1は、2020年に計画していたカレンダーをいったん白紙化。新しいレースカレンダーは5月に発表され、最初にレッドブル・リンクで2~3戦が開催され、その後、シルバーストーンが続くと考えられている。

シルバーストーン・サーキットの責任者を務めるスチュアート・プリングルは「F1は世界選手権をまとめるためのソリューションに懸命に取り組んでいる。我々は彼らと定期的に連絡を取り合っており、2レースを開催できるかどうか、無観客で開催できるかどうか尋ねられた」とコメント。

「答えは“問題ない”だ。我々はどんなことでもオープンに検討する」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・リンクでは週末だけでなく、平日開催も可能だと語る。

「今のところ、我々はどちらのレースも開催できそうだ」とヘルムート・マルコは f1-insider.com に語った。

「我々としては準備ができている。リバティ・メディアは、人々の数をできるだけ少なくするよう主張している。つまり、メディア関係者は入れず、テレビだけになるだろう」

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置も実施される。これにはテストやレース前の義務的な検査や検疫などが含まれる。

「最小距離やマスク着用の義務化など厳しい要件も設けられるだろう」とヘルムート・マルコは語った。

「だが、少なくともようやく楽観的に考えられる良い理由がある」

F1オーストリアGPの計画は政府の支持を得ており、シュタイアーマルク州州知事のヘルマン・シュッツェンホーファーは、レッドブル・リンクでのF1開催を支持する意向をひょめいしている、

「もちろん、レッドブルリングで開催されることを望んでいる」とヘルマン・シュッツェンホーファーは APA にコメント。

「今はこのような時期だが、自信を失ってはならない。我々はディートリッヒ・マテシッツのシュタイアーマルクへの大きな貢献には非常に感謝している。少なくとも我々がエキサイティングなグランプリを開催でき、テレビを通じてムール渓谷の美しい景観を届けることができれば幸いだ」

ヘルムート・マルコは、F1開催に向けてすでにオーストリア当局との間で調整作業が進められていると語る。

「現在、準備が進められているところだ。つまり、F1関係者がオーストリアに入国できるよう副長官から対策に関するリストを受け取ることになっている」

「同時に、できるだけ少人数でオーストリアに来るためにはチームの人数をどのように削減するかに関する対策リストもある。そして、ここまでのところ、新型コロナウイルスの状況が再び悪化してはいないことを考えれば、それは可能だと思う」

「テレビで放映される最初の世界的イベントになるだろうし、それはオーストリアにとって非常に貴重な宣伝になる。そして新型コロナウイルスによる状況を我々がいかに効率的に対応できたかを示すことにもなる」

「全員がそれを期待している。様々な兆候がその可能性が非常に高いを示している」

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストもオーストリアの計画がうまくいくことを望んでおり、ポール・リカールも開催できるかもしれないという“まだ少しの希望”があると Salzburger Nachrichten に語った。

また、ハースF1のチーム代表ギュンター・シュタイナーは「私はオーストリアとレッドブルの副代表が言う、7月に再びレースを開始する可能性が高い発言に最も注意を払っている」と Ekstra Bladet にコメント。

「私は、彼らが国を再びオープンする準備ができていると思っている。業界として、私たちは状況を管理でき、適切なガイドラインが整っていることを彼らに証明する必要がある」

「私たちは信頼に値することを彼らに示す必要がある。我々はレースに戻ることができるように正しいことをしているということをね」

「決して100%ではないが、今のところトンネルの終わりに明かりが見えているように思う」

「誰もが長い間家にいて、Netflixシリーズを見つくしてしまった」とギュンター・シュタイナーは微笑む。

「今、彼らには何が楽しむものが必要が。安全にそれができるのであれば、レーサーとして私はスタートするのが待ちきれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1オーストリアGP / レッドブル