アウディ 鈴鹿10時間耐久レース
アウディは、現在インターコンチネンタルGTチャレンジのドライバー及びチームランキングで首位に立っており、8月24日~26日に開催される第3戦のSUZUKA 10 HOURS(鈴鹿10時間耐久レース)に初参戦するための準備を進めている。

世界的に有名な鈴鹿サーキットは、さまざまなコーナーを組み合わせたユニークなレイアウトを特徴とし、攻略が難しいコースとして知られている。

現在、シリーズでランキング首位に立っているアウディは、特別な事情をかかえている。オランダ人ドライバーのロビン・フラインスは、2月に開催されたシーズン開幕戦からドライバーズランキングの首位を守っている。

しかし、鈴鹿10時間耐久レースと同じ週に、イタリアのミサノでドイツツーリングカー選手権(DTM)の第7戦が開催されるため、アウディファクトリードライバーのフラインスは、鈴鹿のレースを欠場せざるを得ない状況となっている。

ドライバーズランキングでは、Audi R8 LMSの5人のドライバー(プライベートチームのスチュアート・レオナルド、Audi Sportドライバーのクリストファー・ハーゼ、ドリス・ヴァンスール、フレデリック・フェルヴィッヒ、マルクス・ヴィンケルホック)が、それぞれ25ポイントを獲得してランキング3位でフラインスを追っている。

Audi Sport customer racing (アウディ スポーツ カスタマー レーシング) の責任者 クリス ラインケは、次のようにコメントしている。

「これは、私たちにとって新たな挑戦です。ロビンの状況は、シーズン当初から分かっていたことです。私たちは、チャンスを最大限に活かすために、ポイントランキングで彼を追っているアウディのファクトリードライバーを、私たちがサポートしている3台のレースカーに振り分けました。同時に、私たちは、マニュファクチャラーズランキングでも、2位以下との差を広げたいと思っています」

アウディは、5つのメーカーが参戦しているこのシリーズで、メルセデス-AMGに7ポイントの差をつけて首位に立っている。

Audi Sport Team WRTは、鈴鹿10時間耐久レースに2台のAudi R8 LMSを投入する。1台目のマシンは、フレデリック・フェルヴィッヒ、クリストファー・ミース、ドリス・ヴァンスールがステアリングを握る。2台目のマシンは、スチュアート・レオナルド、ジェイク・デニース、シェルドン・ファン・デル・リンデがチームを組む。

Audi Sport Team Absolute Racingのドライバーは、クリストファー・ハーゼ、ケルビン・ファン・デル・リンデ、マルクス・ヴィンケルホック。日本のSUPER GTシリーズに参戦し、アウディ ジャパンがサポートするAudi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)は、レギュラードライバーのリチャード・ライアンと富田竜一郎に加え、ベルギー人ドライバーのアレッシオ・ピカリエロを起用している。さらに、プライベートチームからはAbsolute Racingが参戦する。ドライバーには、2人の中国人、ジンジュウ・サンとコンフー・チェンに加えて、香港のアダレイ・フォンが決定した。

金曜日のフリー走行に続き、土曜日にはすべてのドライバーが予選に出走する必要がある。その後、シングルラップのタイムアタックを実施して、グリッドの上位20台が決定する。

『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース』は、大観衆が見守る中、8月26日(日)午前10時にスタートする。アウディは、2012年から2016年にFIA世界耐久選手権(WEC)で日本を訪れ、数多くの熱心なファンを獲得している。

鈴鹿10時間耐久レースに参戦するAudi Sport customer racing team

Audi Sport Team Absolute Racing
クリストファー・ハーゼ(ドイツ)/ケルビン・ファン・デル・リンデ(南アフリカ)/マルクス・ヴィンケルホック(ドイツ)

Audi Sport Team WRT
クリストファー・ミース(ドイツ)/フレデリック・フェルヴィッヒ(ベルギー)/ドリス・ヴァンスール(ベルギー)

Audi Sport Team WRT
ジェイク・デニース(イギリス)/スチュアート・レオナルド(イギリス)/シェルドン・ファン・デル・リンデ(南アフリカ)

Audi Team Hitotsuyama
リチャード・ライアン(イギリス)/アレッシオ・ピカリエロ(ベルギー)/富田竜一郎(日本)

Absolute Racing
コンフー・チェン(中国)/アダレイ・フォン(香港)/ジンジュウ・サン(中国)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アウディ