アストンマーティンF1、グランプリ100周年を記念して新旧ロゴを掲載 / F1 フランスグランプリ
アストンマーティンF1は、今週末のF1フランスグランプリでグランプリ100周年を記念してAMR22に新旧ロゴを掲載する。

今週末のレースでは、アストンマーティンは1922年フランスグランプリでの初挑戦から100周年を迎える。100年前のストラスブールのロードサーキットに沿った60周800kmのイベントのアストンマーティンは2台のGPマシンをエントリーした。

愛情を込めてグリーンピースと呼ばれる1922年のレースカーは、アストンマーティンの創設者であるライオネル・マーティンが、裕福なレーサーであるルイ・ズボロウスキー伯爵から委託を受けて製造された。ズボロウスキーの投資により、1922年のマン島TTでのレース用に設計されたまったく新しい16バルブツインオーバーヘッドカム4気筒エンジンの開発が可能になった。

そのため、アストンマーティンのグリーンピースは当初「TT1」および「TT2」と呼ばれていたが、TTに出場する準備ができていなかったため、1922年7月15日にフランスグランプリでデビューした。わずか5人のドライバーが最終的にレースをフィニッシュしたが、ズボロウスキー自身はエンジンの問題で19周後にTT1でリタイアした。

日曜日のグランプリに先立ち、4回のF1ワールドであるセバスチャンベッテルは、ポール・リカールでTT1(愛情を込めて「グリーンピース」と呼ばれる)をドライブする機会があった。

「グリーンピースは、アストンマーティンの遺産の中で非常に特別な場所を占めており、ハンドルを握っているときは、その世紀の歴史を指先で感じることができる」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「レーシングスピリットと勝利への意欲はアストンマーティンを定義するものだ。今日のAMR22カーの最先端のテクノロジーとパフォーマンスとともに、グリーンピースとモータースポーツの伝統をもたらし、今週末にそれを祝うのは素晴らしいことだ」

今週末のF1フランスグランプリでは、アストンマーティンF1チームは、グリーンピースに登場した1913年のオリジナルのアストンマーティンロゴを車のノーズに付けてレースを行う。

ブリティッシュ・レーシング・グリーンにちなんだダークグリーンの「A」と「M」が連動し、円形のボタンの形をしたオリジナルのロゴは、1920年代初頭の著名な高級車ブランドのロゴから着想を得ている。シンプルでありながら洗練されたデザインは、ライオネルの妻であるケイト・マーティンが主導し、優雅さとスタイルを醸し出している。

さらにAMR22のモノコックのサイドには新しいアストンマーティンF1のロゴが掲載される。

高く評価されている英国のアートディレクター兼グラフィックデザイナーのピーター・サヴィルと共同で作成された新しいロゴは、アストンマーティンのF1への復帰に基づいており、象徴的な翼の最新のアップデートは、アストンマーティンブランドの進化の次の段階を示している。

物理的な形では、新しい翼のバッジのデザインは、バーミンガムのジュエリー地区で職人によって手作りされており、来年発売される予定のアストンマーティンの次世代スポーツカーに最初に適用される。

アストンマーティン 2022年 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / F1フランスGP