アストンマーティンF1代表 「レッドブルのマシンとの類似点は単なる偶然」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、バルセロナで登場した“Bスペック”版のAMR22がレッドブルRB18に類似しているのは「偶然の一致」だと主張している。

バルセロナに登場したアップデート版のAMR22は、サイドポッドの形状などがレッドブルRB18に酷似していることから、すぐに“グリーン・レッドブル”と揶揄された。

Sky Deutschlandは、セバスチャン・ベッテルに、再びレッドブルをドライブするのはどんな感じかとさえ質問した。

「車の間には常に類似点があるものだ」と元レッドブルのF1ドライバーであるセバスチャン・ベッテルは語った。

「僕たちは、最初から車を別の方法で設計する機会を確保していた。冬には両方のコンセプトを念頭に置いていた。そうでなければ、それは不可能だった。僕たちはそのためにドアを開いたままにしていた」

元F1ドライバーのティモ・グロックは、アストンマーティンF1がレッドブルを直接コピーせずに“Bスペック”マシンを設計したとは信じていない。

レッドブル・レーシングは、アストンマーティンF1にダン・ファローズを含めたチームメンバーを引き抜かれたことから、現在、知的財産が盗まれた疑いについて調査している。

アストンマーティンF1の技術責任者であるアンディ・グリーンは、2年前に“ピンク・メルセデス”論争に巻き込まれたにもかかわらず、それを強く否定している。

「この車の開発に関して、どのチームからも情報を受け取ったことを絶対的かつ断固として除外することができる」とアンディ・グリーンは語った。

「その主張は完全に根拠がない」

実際、アンディ・グリーンは、FIA(国際自動車連盟)が先週シルバーストンのファクトリーを訪れ、「CADデータからCFDデータ、風洞データ」まですべてを調べ、最終的には不正行為を発見しなかったと述べた。

アストンマーティンF1が写真に基づいてレッドブルの重要な要素をコピーしたにすぎないと推測する人もいるが、チーム代表であるマイク・クラックは、レッドブルとの類似点は単なる偶然であると主張している。

「シャシーの設計に至るまで、我々は2つの開発アプローチをフォローしていた。しかし、2021年の終わりごろ、我々はそれが間違った道であることに気づいた」と2022年1月にアストンマーティンF1のチーム代表に就任したマイク・クラックは語った。

「その後、レッドブルが同様のことを思いついたという事実は、我々がすでに考えていたことを裏付けた。我々は最初に間違った道を進んだということだ」

「他のチームがこのコンセプトで非常にうまく機能しているのを見るのは励みになった」

だが、元F1ドライバーのティモ・グロックは、その説明を信じていないとSky Deutschlandに語った。

「サイドポッド、ベンチレーションアウトレット、小さなスロットを見ることができるアンダーボディの形状はすべて、レッドブルのものと同じだ」とティモ・グロックは語った。
「偶然の一致にしては多すぎる」

「レッドブルの人々はコンセプトが変わる前にそのチーム(アストンマーティン)に行ったが、今では2つのバージョンの車を並行して開発した唯一のチームだ」

「僕の意見では、予算上限の観点からそれは実現可能ではない」

ウィリアムズF1のチーム代表であるヨースト・カピートも、アストンマーティンF1の2台の車のプロジェクトが「コストキャップで可能」だったのか疑問に思っている。

「チームとして、FIAの決定を信頼できるように、どのような調査が行われたか、何が調べられ、どのように決定されたかを知りたいと思っている」とヨースト・カピートは語った。

「すべてが正しければ、すべてがうまくいき、そうでなければ、結果が生じるはずだ」

「しかし、車は明らかに非常によく似ている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン