アストンマーティンF1、チーム代表のオトマー・サフナウアーの離脱を発表
アストンマーティンF1は、チーム代表を務めていたオトマー・サウナウアーが、シルバーストンを拠点とするチームを去ったことを発表した。

アストンマーティンF1は、オトマー・サフナウアーが去った理由や誰が後任を務めるかについては詳しく述べておらず、チームの代表の役割は「後任が任命されるまでリーダーシップチーム内」で管理されると述べた。

「我々は、過去12年間にチームに提供されたサービスに感謝し、彼の将来の活躍を祈っている。新たな挑戦を続けていくのは疑いないことだ」とアストンマーティンF1は声明で述べた。

「幸いなことに、我々は強力な個人グループによって主導および管理されており、新しいチーム構造を発表するまで少し時間をかけてオプションを検討することができる」

「現在、チームの焦点は、2022年シーズンの開始に向けて可能な限り最も競争力のあるマシンを準備することにある」

オトマー・サフナウアーの離脱は、必然的に昨年11月に噂されたアルピーヌF1への移籍の見通しを復活させる。

当時、オトマー・サフナウアーは「事実に基づくものはなく、純粋なメディアの憶測だ」として報道を否定していた。

しかし、アルピーヌの最高経営責任者であるローラン・ロッシは、昨年、エンストーンのチームでのマネジメント陣の変更を何度かほのめかしている。この発言は、オトマー・サフナウアーを取り巻く憶測に信憑性をもたらした。

オトマー・サフナウアーは、チームがフォース・インディアのチーム名だった2009年にチームに加入し、シルバーストーンのチームの長年のメンバーだった。

オトマー・サフナウアーは、過去にチームで印象的な結果を監督してきたが、昨年のアストンマーティンF1としてのパフォーマンスは期待外れだった。

また、オトマー・サフナウアーは、アストンマーティンF1が4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの獲得においても役割を果たした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン