アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表
アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式に発表した。

アストンマーティンF1は、フェラーリから加入した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと1+1の契約に合意しており、2022年のベッテルの契約を延長するオプションを行使したことを発表した。

セバスチャン・ベッテルのチームメイトは疑う余地はなく、アストンマーティンのオーナーであるローレンス・ストロールの息子のランス・ストロールとなる。ストロールは、スルバーストンを拠点とするチームで4シーズン目を迎える。

今年これまで、セバスチャン・ベッテルが35ポイント、ランス・ストロールが24ポイントを獲得。ベッテルはF1アゼルバイジャンGPで2位でフィニッシュし、今季のアストンマーティンで唯一表彰台に立っている。

セバスチャン・ベッテルは、F1ハンガリーGPでも2位でフィニッシュしたが、燃料サンプルを抽出できないという車両規定違反によって失格となり、18ポイントを失った。

「新世代のF1カーでレースするのを本当に楽しみにしている」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「マシンの見た目は大きく異なり、新しい技術レギュレーションにより、最近よりもはるかに緊密にレースできるマシンが得られるはずだ」

「よりエキサイティングなレースは、ドライバーにとってもファンにとっても素晴らしいことだ。変化は非常に大きいため、すべてのチームが新たな始まりからスタートするので、アストンマーティン・コグニザントF1チームにとって素晴らしい機会となるだろう」

「僕は、僕たちの新しく、成長しているチームの力を信じているので、すでに2022年を楽しみにしている」

アストンマーティンは2020年に競争力を繰り返すのに苦労しており、現在コンストラクターズ選手権で7位につけている。 5位のアルピーヌからは36ポイント差、6位のアルファタウリとは25ポイント差となっている。

アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは「アストンマーティン・コグニザントF1チームの最初のシーズンは、冬のレギュレーション変更がローレーキのエアロ哲学を採用している2つのチームに不利益をもたらしたため、期待外れのスタートを切った」とコメント。

「しかし、過去数か月で順調に進歩し、ランスとセバスチャンの両方がいくつか優れたパフォーマンスを発揮している。彼らは不運の公平なシェア以上のものを持っていたが、2022年に我々はそのような若々しい才能と経験豊富な専門知識の優れたブレンドを続けられることを嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / ランス・ストロール