アストンマーティンF1、ベッテル失格の再審請求の公聴会の日程が決定
F1ハンガリーGPでセバスチャン・ベッテルが失格になったことに関するアストンマーティンF1の再審請求の公聴会は8月9日(月)に行われる。

セバスチャン・ベッテルはF1ハンガリーGPでアルピーヌのエステバン・オコンに次ぐ2位でフィニッシュしたが、アストンマーティンF1が必須の1リットルの燃料サンプルを提供できなかったため失格となった。

アストンマーティンF1は、タンクには1.74リットルが残っていると信じており、すぐに上訴する意向の通知を提出。木曜日に、正式に上訴手続きを行い、それに加えて再検討する権利を提出した。

アストンマーティンF1は、公聴会に持ち込む「重要な新しい証拠」があると概説している。

現在、FIA(国際自動車連盟)は、ハンガロリングのスチュワードが月曜日にアストンマーティンの上級部と再会し、事件を検討することを確認した。

そこで、アストンマーティンの証拠が実際に検討するのに十分な説得力があるかどうかが判断される。成功した場合、レビューする権利が与えられ。そうでない場合は、上訴プロセスが行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / F1ハンガリーGP