アストンマーティンF1、2021年の空力ルール変更を巡る法的措置を断念
アストンマーティンF1は、2021年の空力ルール変更を巡って法的措置を脅かしていたが、断念することを決定したようだ。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、2021年の空力ルール変更が、メルセデスF1と彼らが採用する“ローレーキ”に不利益をもたらすためのリバティメディアによる推進力の一部だとして不満を述べていた。法的措置をちらつかせた背景にはオーナーのローレンス・ストロールが糸を引いていた考えられている。

しかし、 Auto Motor und Sport の記者を務めるマイケル・シュミットは、アストンマーティンは“負け惜しみ”を言っていると見なされないためにその戦いをあきらめたと述べた。

アストンマーティンF1のオトマー・サフナウアーは「ルール作成プロセス中にすべてが正しく行われたかどうかをFIAと明確にしたかっただけだ」と語る。

また、メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェイムズ・アリソンがすべてのチームがそのプロセスの一部であると認めたことで、アストンマーティンF1の主張は崩壊した。

「我々全員がダウンフォースをどのように減らすべきかについて合意した」とジェイムズ・アリソンは述べた。

「もちろん、競合他社が利益を得る恐れがあったので、それがすべてのチーム、すべてのコンセプトに等しく影響するかどうかも自問した」

また、アストンマーティンF1の議論は、スポーツの主要なプレーヤーがF1技術委員会の最新の会議に集まったときに崩壊したと考えられている。

マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、この議論について次のように述べている。

「リアウィングを小さくすることもできたが、誰もそれを望んでいなかった」とジェームス・キーは説明した。

「自分自身に大きな不利益を認識している者がいれば、当時はそれを言っていただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン