アストンマーティンF1、ジラール・ペルゴとのスポンサー契約を発表
アルトンマーティンF1は、スイスの時計メーカーであるジラール・ペルゴ(Girard-Perregaux)と公式ウォッチパートナー契約を結んだことを発表した。

このパートナーシップにより、ジラール・ペルゴのロゴがアストンマーティンのF1マシンおよびチームウェアに掲載される。また、2021年にコラボレーションウォッチを販売する。

アストンマーティンとジラール・ペルゴは、どちらも生まれつきの情熱を持った先見の明のある人々によって設立された。アストンマーティンは1913年にライオネル・マーティンとロバート・バンフォードによって設立された。ジラール・ペルゴは、19歳のジャン・フランソワ・バウテが最初の時計を製造した1791年までその起源をたどることができる。だが、最も注目すべきは、コンスタント・ジラールが1854年にマリー・ペルゴと結婚したときに、時計製造で最も偉大な名前の1つが誕生したラブストーリーだった。

現在、伝説的なアストンマーティンDBR1(195年6)は、アストンマーティンで最も有名な遺産である「DB」ロードカーのいくつかの前身だった。それはフランク・フィーリーによって社内でスタイリングされ、DBR1の形は今でも最も美しく優雅なものの1つとなっている。このデザインは、DBR1でデビューしたサイドエアベントにも重要な機能属性を組み込んでおり、アストンマーティンのロードゴーイングスポーツカーの重要な機能的および視覚的特性を維持している。この機能的な要素は、アストンマーティンのモデルに独特の個性を吹き込む重要な美的ディテールになっている。アストンマーティンの車を一目見ると、すぐにそのメーカーのアイデンティティが明らかになる。

同様に、ジラール・ペルゴが1867年に現在有名なトゥールビヨン「With Three Gold Bridges」をリリースしたとき、それはしばしば視界から隠されていた3つの機能コンポーネントを魅力的な美的特徴に変えた。この時計では、かつては見えなかったものを故意に見えるようにした。230年の歴史を通じて、スイスのマニュファクチュールはその創造性を発揮し、さまざまな形で遊んでいる。ブランドのスローガン「知る人ぞ知る今を形作る」に影響を与えたのはこの考え方だ。

両社は、豊富なスキルと伝統を蓄積してきたが、継続的な改善を受け入れ、優れたパフォーマンスを追求しているおり、今後も先を見据えている。

アストンマーティンの最高経営責任者であるトビアス・ムアースは「このようなパートナーシップの本当の美しさは、非常に類似したコアバリューを共有しているにもかかわらず、2つのブランドが互いに多くを学ぶことができることだ」とコメント。

「ジラール・ペルゴは、素材と新技術の使用における多作の革新者だ。我々は両社ともに、美しくデザインされ、強力なパフォーマンスを提供し、完璧な実行を示す、非常に魅力があるラグジュアリーな製品を生み出している」

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー。サフナウアーは「アストンマーティンとジラール・ペルゴは、豊かな歴史、輝かしい遺産、そしてハイテクと組み合わせたプレミアム品質の追求への執拗な献身など、非常に多くのブランド接点を共有している」とコメント。

「レーストラックでは時間も重要だ。特にF1、そして、アストンマーティン・コグニザントF1チームは、品質と魅力という点でタイムピースを先導しているジラール・ペルゴにとって、素晴らしいプロモーションプラットフォームと素晴らしいマーケティングパートナーであることを証明している」

ジラール・ペルゴの最高経営責任者であるパトリック・プルニエは「2021年はジラール・ペルゴとアストンマーティンの両方にとって重要な年だ」とコメント。

「アストンマーティンが60年以上ぶりにF1に復帰することを祝う一方で、我々は驚異的な230年の時計製造を祝う。祝うことがたくさんあり、我々の世界を団結させて特別なものを作ることは、これらのマイルストーンを認め、感謝するための完璧な方法だ」

アストンマーティンF1 × ジラール・ペルゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / F1スポンサー