アロンソとベッテル、アストンマーティンF1のシートを争う?
フェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルが2021年に狙っているのはアストンマーティンのF1シートだと Gazzetta dello Sport は主張する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、今シーズン限りでフェラーリF1を離れることを決定しており、2021年の去就はまだ不明となっている。

一方、2018年にF1を離れたフェルナンド・アロンソは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱をきっかけに動いた移籍劇で空席ができたルノーF1でのF1復帰が噂されている。

Gazzetta dello Sport によると、二人ともルノーF1と話はしたものの、実際にはローレンス・ストロールが所有するチームにより確信を持っていると報道。

現在、レーシング・ポイントF1として活動するチームは、2021年からローレンス・ストロールが株式を取得してチェアマンとなったアストンマーティンのワークスチームとして参戦を開始する。

報道によると、セバスチャン・ベッテルは年俸1200万ドルの複数年契約という条件をチームに伝えているという。一方、フェルナンド・アロンソ側はまずはインディ500に集中することを望んでおり、まだ特定の条件は展示していないとしている。

F1パドックの情報筋によると、レーシング・ポイントF1は、セルジオ・ペレス、さらには父親がチームオーナーであるランス・ストロールにさえ別れを告げる準備ができていると同紙は報道。

セルジオ・ペレスに別れを告げた場合、チームは年間1200万ドルのスポンサー収入を失うことになるが、元F1ワールドチャンピオンを1人起用することで解決したいと考えているという。

フェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルはF1キャリアを通してタイトルをかけて争っていたが、今季も場外で再びあいまみえることになるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / フェルナンド・アロンソ / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント