F1:アストンマーティン、2021年からのワークス参戦を正式表明
アストンマーティンが、2021年のF1世界選手権からワークスチームとして参戦することが、新しいエグゼクティブチェアマンであるローレンス・ストロールの口から正式に発表された。

カナダの億万長者でレーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールは、今年初めに投資家のコンソーシアムをまとめて財政難に陥ったアストンマーティンを救済した。

アストンマーティンの株主は5億3600万ポンドの資金調達を承認。その半分はローレンス・ストロールのYew Treeコンソーシアムによって支えられる。

この資金により、アストンマーティンは待望のSUVであるDBXの生産を開始し、レーシング・ポイントと連携してワークスF1チームの創設を開始することができる。

「アストンマーティンという血統と歴史を持ったブランドは、モータースポーツの最高レベルで競争する必要がある」とローレンス・ストロールは述べた。

「F1での最近の記憶の中で起こった最もエキサイティングなことだと思う。それは、スポーツのすべての利害関係者、特にファンにとって信じられないほどエキサイティングだ。F1チームでこれ以上の名前は思いつかない」

「我々の投資戦略は、F1をグローバルマーケティング戦略の中心的な柱として位置付けており、この目的のためにレーシングポイントのブランドを変更することは完全に理にかなっている」

「アストンマーティンは、その歴史を通じてさまざまなクラスのモータースポーツで非常に成功を収めてきたが、我々は今、F1でワークスチームを編成する機会を得た」

「F1の世界的なスポットライトは誰にも負けないものであり、我々はこのリーチを活用して、主要市場でアストンマーティンのブランドを紹介していく」
ローレンス・ストロールは、アストンマーティンにとって、レーシング・ポイントのF1テクノロジーを活用することがどのように役立つかを強調した。

「F1はブランドを高めるのに役立つだけでなく、テクノロジーのクロスオーバーの機会を開く」とローレンス・ストロールは続ける。

「レーシングプログラムからロードカーにどのようなテクノロジーを取り入れることができるかを知り、私は非常に興奮している。これは、将来発売されるミッドエンジンロードカーに特に関連している」

「我々のロードカーがトラックでの我々の成功のDNAを共有することを確実にするための真のコラボレーションが存在する」

ローレンス・ストロールは、レーシング・ポイントF1チームに多額の投資を行い、適切なインフラストラクチャとリソースを装備して、F1で上位を争うチームになる基盤を築いている。そして、その投資は今後も継続される。

「我々はチームに投資し続け、必要なリソースをすべての人に提供する。今年はレーシングポイントとしてこれらの取り組みのメリットを実感するだろう」とローレンス・ストロールは語る。

「アストンマーティンという名前には、より多くのプレッシャーと期待が伴う。当初から競争力を持っている必要がある。だが、シルバーストンのチームがこの挑戦に立ち向かい、アストンマーティンの名前を誇りに思うことは間違いない」

F1を停止させている進行中の新型コロナウイルス危機の問題に関して、ローレンス・ストロールは、現在の苦境がレーシング・ポイントの旅の一時停止に過ぎないと語る。

「この壊滅的なパンデミックに触れられていない人生やビジネスの領域はないと思う。そして、レースコミュニティはできる限り順応している」

「もちろん、レーサーとして、我々は皆、競争しないことに非常に不満を感じているが、このグローバルな戦いの全体像を理解しているので、家にいる」

「チームはまた人工呼吸器の生産を加速するためにProject Pitlaneをサポートしている。当面は、2020年と2021年の計画を前進させるために、ビデオ会議に頼ることができる」

「私は長期的なビジョンを持ってF1に専念しており、これは旅の一時的な一時停止に過ぎない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / レーシングポイント