2024年07月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 RBPTフォードの2026年パワーユニット開発は「計画通り」

2024年7月17日
レッドブルF1首脳 RBPTフォードの2026年パワーユニット開発は「計画通り」
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、高度なハードウェアの開発に影響を与える遅延の噂があるにもかかわらず、レッドブル・パワートレインズが2026年のF1パワーユニットの開発を「計画通り」に進めているるとを確信している。

2018年よりホンダと提携しているレッドブルは、2026年に導入されるF1の次世代パワーユニット規制に向けて、自社製エンジンの開発という野心的なプロジェクトに着手している。

ミック・シューマッハ F1シート獲得に手応え「F1は手の届くところにある」

2024年7月17日
ミック・シューマッハ F1シート獲得に手応え「F1は手の届くところにある」
ミック・シューマッハは、F1グリッドに復帰できる可能性は「かなり高い」と主張。元ハースのドライバーは「F1は手の届くところにある」と付け加えた。

7度のF1世界チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、ポイントよりも大きなクラッシュが多かった2022年シーズンの終わりにハースから突然解雇されるまで、2年間F1で過ごした。

レッドブルF1首脳 セルジオ・ペレスの去就は「夏休みの間に評価」

2024年7月17日
レッドブルF1首脳 セルジオ・ペレスの去就は「夏休みの間に評価」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスの契約に解除条項があることを認め、夏休みの間に評価すると語った。

ヘルムート・マルコはレーシングドライバーをよく知っている。オーストリア出身のモータースポーツのベテランであるマルコは、ディートリッヒ・マテシッツが創設したチームが2005年にF1に参入して以来、レッドブルのドライバープログラムを運営してきた。

エステバン・オコン アルピーヌF1との勝利マシン「A521」を入手

2024年7月17日
エステバン・オコン アルピーヌF1との勝利マシン「A521」を入手
エステバン・オコンは、2021年F1ハンガリーGPでF1初優勝をもたらしたアルピーヌA521と再会し、フロントホイールに座って誇らしげに顔を輝かせた。

このマシンは、現在、家族のガレージという新しい家に収められているが、エステバン・オコンにとっては単なる勝利のマシンというだけでなく、彼の成功への道を切り開いた揺るぎないサポートと犠牲の証として存在している。

F1ハンガリーGP:2024年 開催スケジュール&テレビ放送時間

2024年7月17日
F1ハンガリーGP:2024年 開催スケジュール&テレビ放送時間
2024年F1ハンガリーGPの開催スケジュールとテレビ放送時間。2024年のF1世界選手権 第13戦 ハンガリーグランプリが7月19日(金)~7月21日(日)の3日間にわたってブダペストのハンガロリンクで開催される。

ハンガロリンクは、常設サーキットだが、メカニカルグリップが強調されるタイトでツイスティなコーナーやグリップレベルの低い路面など、多くの市街地サーキットの特性を持ち合わせている。

アストンマーティンF1代表 「ランス・ストロール以外のドライバーも検討した」

2024年7月17日
アストンマーティンF1代表 「ランス・ストロール以外のドライバーも検討した」
アストンマーティンF1のチーム代表マイク・クラックは、ランス・ストロールとの契約更新を決定する前に、F1ドライバー市場で他の候補者についても評価を行ったと主張してた。

今月初め、アストンマーティンは、ランス・ストロールと複数年契約を更新したと発表。チームメイトのフェルナンド・アロンソもF1での長いキャリアを延長するという選択をしており、アストンマーティンは2026年のレギュレーション変更にドライバーラインナップを変更せずに参戦することになる。

ジェンソン・バトン 近代F1マシンの軽量化が困難な理由を説明

2024年7月17日
ジェンソン・バトン 近代F1マシンの軽量化が困難な理由を説明
F1マシンの重量は近年増加しており、2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、大幅に軽量化されたフォーミュラ1カーに戻ることは当分ないと考えている。

ジェンソン・バトンは、ハイブリッドパワーユニットを使い続けながら、要求されている重量を削減することはF1にとって難しいと主張している。

小松礼雄 ハースF1チームを復活させた「責任転嫁」文化の排除

2024年7月17日
小松礼雄 ハースF1チームを復活させた「責任転嫁」文化の排除
ハースF1チームの代表である小松礼雄氏は、「責任転嫁」文化を避け、透明性を促したことが、2024年のF1シーズンにおけるチームの復活につながったと明かした。

昨季のランキング低迷を受け、オーナーのジーン・ハースが交代を承認し、今シーズン前に小松礼雄がギュンター・シュタイナーの後任としてチーム代表に選ばれた。日本人エンジニアのチーム代表昇格により、ハースは2023年の22戦(12ポイント)で獲得したポイントの2倍以上となる27ポイントを獲得した。

ローガン・サージェント ウィリアムズF1のシート喪失の噂に「最後まで戦う」

2024年7月17日
ローガン・サージェント ウィリアムズF1のシート喪失の噂に「最後まで戦う」
ローガン・サージェントは、ウィリアムズ・レーシングでのF1シートをめぐる憶測が続く中、「最後まで戦う」と主張している。

ローガン・サージェントは、ウィリアムズF1チームでの地位を確立することができず、アクシデントの多いルーキーシーズンが、彼の時折に見せる生来の速さを覆い隠している。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»
 
F1-Gate.com ホーム