2014年06月のF1情報を一覧表示します。

メルセデス・ベンツ GLAクラス、テレビCMでスーパーマリオとコラボ

2014年6月2日
メルセデス・ベンツ テレビCM
メルセデス・ベンツは、コンパクトSUV「新型GLAクラス」の広告活動として、任天堂株式会社のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」とコラボレーションをしたCM「GO! GLA」篇を制作し、2014年5月30日より全国でオンエアしている。

メルセデス・ベンツ GLAは、取り回しの良いボディサイズにオールラウンドな走行性能を兼ね備えたコンパクトSUV。

ホンダ 「新しいF1は技術者としては非常に夢のある世界」

2014年6月2日
ホンダ
ホンダのF1総責任者を務める新井康久が、ホンダの6年ぶりのF1復帰についてフジテレビの番組内で語った。

F1のパワーユニットの開発について新井康久は「F1のパワーユニットのなかで開発する技術が、じゃあ明日のエンジン、3年後のエンジンとか、そういう感じで直結するわけではないんですけれども」と前置きしたうえで次のように続けた。

エイドリアン・スーティル 「トラックが合っていることを願っている」

2014年6月2日
エイドリアン・スーティル (ザウバー)
エイドリアン・スーティルが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「カナダGPを楽しみにしている。素晴らしいトラックだし、あそこでレースをするのが大好きだ。ロングストレートが多いので、簡単にオーバーテイクができる。それによってレースは大部分がかなりエキサイティングだ」

エステバン・グティエレス 「ポジティブにレース週末にアプローチしたい」

2014年6月2日
エステバン・グティエレス (ザウバー)
エステバン・グティエレスが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「モントリオールのトラックは、優れたメカニカルグリップだけでなく、高いトップスピードが要求される。路面はかなり滑りやすいので、タイヤコンパウンドが重要になる。タイヤのウォームアップが特に重要だ。ロングストレートでタイヤがクールダウンしてしまう時間がかなりあることを心に留めておかなければならない」

トヨタ、ル・マン24時間レースに向け好発進

2014年6月2日
トヨタ
6月1日(日)フランスのサルト・サーキットでル・マン24時間レースの公式テストが実施された。トヨタはFIA世界耐久選手権(WEC)のポイントリーダーとして、2014年ル・マン24時間レースに挑む。

2台のTS040 HYBRIDはこの日の午後に叩き出したベストラップでトップ2を独占してテストを終えたが、それ以上に重要なのは、トラブルフリーで順調にテストを完了したことである。2台はこの日、それぞれ88周、約1200kmを走破した。

SUPER GT:日産 GT-RがGT500の表彰台を独占

2014年6月2日
SUPER GT
SUPER GT オートポリス戦が、6月1日(日)に決勝の300kmレースが行われ、ポールポジションスタートの#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が一度も首位を譲らずに完勝。同予選2位の#46 S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)が決勝も2位、予選4番手の#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が3位に入り、1995年以来となるGT-Rによる表彰台独占を達成した。

佐藤琢磨、今季2度目のポジションを獲得 (インディカー)

2014年6月2日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、ダブルヘッダーでインディカー 第7戦として開催されたデトロイトで今シーズン2度目となるポールポジションを獲得。1分16秒1371で現在の構成でのトラックレコードを更新した。

今シーズン、佐藤琢磨がポールポジションを獲得するのは開幕戦セントピーターズバーグに続いて2度目のこと。今年に入ってから2度ポールポジションを獲得したのは、全ドライバーのなかで佐藤琢磨ただひとりとなっている。

MotoGP:マルク・マルケスが開幕から6戦連続のポール・トゥ・ウィン!

2014年6月1日
MotoGP
MotoGP 第6戦イタリアGPの決勝レースが1日(日)、イタリアのムジェロ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスが優勝。史上6人目となる6連勝を達成して、史上最年少の記録を更新した。

気温26度。路面温度45度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末3度目の最速時計を記録したポールポジションのマルク・マルケスは、1ラップ目に3番手に後退したが、3ラップ目に2番手に浮上すると、終盤にホルヘ・ロレンソとの優勝争いを展開。

マクラーレン 「このままでは終わらない」

2014年6月1日
マクラーレン
マクラーレンのエリック・ブーリエは、F1カナダGPにむけてアップグレードを用意しており、モントリオールでポイント圏内に落ち着くだけでは満足できない述べた。

F1オーストラリアGPで2位と3位でフィニッシュして以降、マクラーレンは苦戦を続けており、コンストラクター選手権では52ポイントで5位に甘んじている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 42 | 43 | 44 | 45 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム