2013年06月のF1情報を一覧表示します。

ルイス・ハミルトン、タイヤバーストは「受け入れがたい」

2013年6月30日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPでのタイヤバーストは“受け入れがたい”ことだと語った。

ルイス・ハミルトンは、レースをリードしていた8周目に左リアタイヤが突然バースト。その3周後にフェリペ・マッサ、15周目にはジャン・エリック・ベルニュも同じ左リアタイヤを相次いでバーストさせた。

ルイス・ハミルトンはその後追い上げをみせ、最終的に4位でレースをフィニッシュした。

セバスチャン・ベッテル、リタイアにも冷静

2013年6月30日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、リタイアで優勝を逃したにも関わらず、チャンピオンシップについて冷静さを保っている。

セバスチャン・ベッテルは、レースをリードしていた42周目にギアボックストラブルによりマシンを停めた。

「ギアボックス問題を抱えていて5速を失った。6速にシフトアップしたときに5速がなくなって、残りのギアボックスもダメージを負った」とセバスチャン・ベッテルは説明。

F1イギリスGP 結果:波乱のレースでニコ・ロズベルグが今季2勝目

2013年6月30日
F1イギリスGP 結果:波乱のレースでニコ・ロズベルグが今季2勝目
F1イギリスGPの決勝レースが30日(日)、シルバーストン・サーキットで開催された。

優勝は、2番グリッドからスタートしたニコ・ロズベルグ(メルセデス)。ニコ・ロズベルグは今季2勝目。

2位にはマーク・ウェバー(レッドブル)、3位にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1イギリスGP、左リアタイヤのバーストが多発

2013年6月30日
ピレリ F1タイヤ バースト
F1イギリスGPで、左リアタイヤがバーストするという問題が多発している。

土曜日のフリー走行で、マクラーレンのセルジオ・ペレスの左リアタイヤが破裂。これまでピレリタイヤはデラミネーション(剥離)問題が取りざたされていたが、ピレリは、今回の問題の原因はサイドウォール上のカットによるもので、今回のレースから導入された新しい接着工程とは全く関連がないものだとしている。

マクラーレン、2014年マシンへのリソースの移行を決断

2013年6月30日
マクラーレン
マクラーレンは、2013年シーズンを見限り、ワーキングのマクラーレンのリソースを2014年の新たなスタートに移行する決断をした。

開幕7戦で、マクラーレンは競争力のないMP4-28の問題を解決することに全力を尽くしてきた。

しかし、シルバーストンに導入した最新パッケージも大きな前進を提供することはできなかった。

関口雄飛、マスターズF3およびマカオGPに参戦

2013年6月30日
関口雄飛
関口雄飛が、7月5〜7日にオランダで開催されるマスターズF3に参戦することが決定。11月に行なわれるマカオGP国際F3参戦も視野に入れた、F3世界一へのチャレンジとなる。

今年、SUPER GTのGT500クラスで本山哲選手と組み、カーナンバー1のREITO MOLA GT-Rを走らせる関口雄飛は、2011年のF3世界一決定戦マカオGPに参戦し、積極果敢な走りで優勝争いを展開しつつ、惜しくも4位で終えていた。

セバスチャン・ベッテル F1イギリスGP 特別ヘルメット

2013年6月30日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、レッドブルのホームグランプリとなるF1イギリスGPにチームスタッフへの感謝の気持ちを込めたヘルメットを用意した。

ヘルメットには500人の写真が掲載され、モザイクアートが作成されている。

レッドブルのスタッフは、このセバスチャン・ベッテルの計らいに感謝の気持ちを述べた。

マルシャ、レディングFCとパートナー契約

2013年6月30日
マルシャ レディングFC
マルシャは、イギリスのサッカーチーム「レディングFC」とパートナーシップを結んだことを発表した。

“ロイヤルズ”の愛称で親しまれるレディングFCは、イングランド南部の都市レディングを本拠地とし、ロシア人のアントン・ジンガレビッチがオーナーを務めるサッカーチーム。現在、レディングFCは、2部に相当するフットボールリーグ・チャンピオンシップに属している。

ピレリ:F1イギリスGP 予選レポート

2013年6月30日
ピレリ
ピレリが、F1イギリスGPの予選を振り返った。

F1イギリスGPの予選では、母国のヒーロー、ルイス・ハミルトンがホームグランプリでポールポジションを獲得した。

ポールタイムの1分26秒607は、2010年に改修された新シルバーストンでのF1最速タイムとなる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム