2013年03月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 小林可夢偉、WEC公式テストに初参加 「満足しています」

2013年3月31日
小林可夢偉
小林可夢偉は、WEC世界耐久選手権の公式テストに初参加。所属チームであるAFコルセのフェラーリ 458イタリアの71号車を走らせた。

今週、イタリアのバレルンガでプライベートテストを行っていた小林可夢偉は、29日(金)にフランスのポール・リカールでおこなわれたWEC世界耐久選手権の合同テストに初参加した。

タイ、2015年のF1開催を目指す

2013年3月31日
タイ F1 2015年
タイ・スポーツ局(SAT)は、内閣が承認すれば2015年のF1カレンダーにタイが含まれる予定だと発表した。

SATのカノックパン・チュラカセム局長は、内閣がF1開催にかかる財政負担予算が閣議決定で承認されることを条件に、タイが2015年のF1カレンダーに加ることになったと述べた。

マクラーレン、F1中国GPでのさらなる進歩に期待

2013年3月31日
マクラーレン
マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、次戦F1中国GPでさらなる進歩を遂げられなければ“非常にがっかりする”だろうと述べた。

開幕戦F1オーストラリアGPではペース不足が露呈したマクラーレン。だが、F1マレーシアGPでは、最終的にピットストップのミスにより希望が潰えたものの、ジェンソン・バトンが表彰台を期待させるだけの印象的な巻き返しを見せた。

シャルル・ピック 「ケータハム移籍は後悔していない」

2013年3月31日
シャルル・ピック
シャルル・ピックは、ケータハムに移籍したことは後悔していないと主張する。

ケータハムは、3年連続でコンストラクターズ選手権でマルシャを上回っており、昨年は最終戦ブラジルGPでマルシャからコンストラクターズ選手権10位を奪い取った。

シャルル・ピックは、F1マレーシアGPの予選で、ジュール・ビアンキとマックス・チルトンに割って入ったが、2013年、ケータハムはまだマルシャを完全に倒せてはいない。

ミシュラン、フォーミュラEのタイヤサプライヤーに決定

2013年3月31日
ミシュラン フォーミュラE
FIAは、ミシュランが2014年から始まるフォーミュラEのタイヤサプライヤーを務めることを発表した。

フォーミュラEは、2014年からスタートする電気自動車レースシリーズ。ローマを含め、世界中の様々な都市の中心部での開催が予定されている。

ミシュランは、2011年にF1に復帰を検討していたが、FIAはF1の単独タイヤサプライヤーとしてピレリを選んだ。

ジャック・ヴィルヌーヴ、“マルチ21”騒動を父の死になぞらえる

2013年3月30日
マルチ21 ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、F1マレーシアGPのチームオーダー騒動でのセバスチャン・ベッテルの謝罪がすぐに受け入れられるかどうかはわからないと語る。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブルのチームオーダーに反してマーク・ウェバーから優勝を奪ったセパンでのレース後、マーク・ウェバーに何度も謝罪した。

またレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルがミルトンキーンズのスタッフ全員に謝罪したことを明かしている。

佐藤琢磨 「手ごたえを感じた開幕戦でした」

2013年3月30日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、8位で終えた2013年インディカー開幕戦セントピーターズバーグを振り返った。

IZODインディカー・シリーズの開幕戦セントピーターズバーグにおいて、佐藤琢磨は予選でフロントロウを獲得し、決勝でも上位争いを演じた。

最終的な成績は残念な8位に終わったが、それでもシーズン序盤にポイントを手に入れられたのは素晴らしいことだ。

アレキサンダー・ロッシ、2013年は4回の金曜フリー走行を担当

2013年3月30日
アレキサンダー・ロッシ
ケータハムのリザーブドライバーを務めるアレキサンダー・ロッシは、今年は4回の金曜フリー走行を担当する予定となっている。

昨年、ケータハムにリザーブドライバーとして加入したアレキサンダー・ロッシは、F1スペインGPでフリー走行を担当した。

ケータハムのドライバーを務めるギド・ヴァン・デル・ガルデは、アレキサンダー・ロッシが少なくとも4回の金曜フリー走行を担当することを明らかにした。

「ロータスがタイトルに挑戦できるかは予算が鍵」とグロージャン

2013年3月30日
ロータス
ロータスが、2013年のF1タイトル争いに絡んでいけるかは、予選に依存するとロマン・グロージャンは考えている。

2013年の開幕戦オーストラリアGPでキミ・ライコネンが優勝したことで、ロータスは今年のタイトル候補とみなされるようになった。

だが、続くマレーシアGPではグロージャン6位、ライコネン7位と後退した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 48 | 49 | 50 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム