2012年09月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン 「セルジオ・ペレスはもはやペイドライバーではない」

2012年9月30日
セルジオ・ペレス マクラーレン
マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、セルジオ・ペレスはもはや“ペイドライバー”ではないと述べた。

大富豪カルロス・スリムが率いるテルメックス(Telmex)の支援を受けてザウバーでF1キャリアをスタートさせたセルジオ・ペレス。

現在テルメックスはザウバーのスポンサーを務めている。

メルセデス 「ルイス・ハミルトン側から接触があった」

2012年9月30日
ルイス・ハミルトン
メルセデスAMGのチーム代表ロス・ブラウンは、ルイス・ハミルトンの加入の経緯について、ハミルトンのマネジメント会社であるXIXエンターテインメントが交渉を持ちかけてきたことを明らかにした。

ルイス・ハミルトンは、今シーズン限りでマクラーレンを離脱し、2013年からメルセデスと3年契約を結んだ。

レッドブルのカート大会、マーク・ウェバーと南明奈がゲスト出演

2012年9月30日
マーク・ウェバー 南明奈
12月9日(日)にイタリアのボローニャで開催するアマチュア世界最速カートレーサー決定戦『Red Bull Kart Fight』(レッドブル・カートファイト)に出場する日本代表1名を決めるRed Bull Kart Fight Japan Finalが、10月8日(月・祝)に東京プリンスホテル・特設会場にて開催される。

この大会には、F1ドライバーのマーク・ウェバー(レッドブル・レーシング)とタレントの南明奈さんがゲストとして登場する。

ロマン・グロージャン:F1日本GP プレビュー

2012年9月30日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

シンガポールは堅実なレースでしたね。トラックに戻った感覚はいかがでしたか?
クルマに戻れたのは素晴らしい感覚だったよ。F1は僕が最も愛していることだし、それが僕の仕事だ。それを逃したのはもちろん悔しかった。

小林可夢偉、「世界の果てまでイッテQ!」に出演

2012年9月30日
小林可夢偉
小林可夢偉は、9月30日(日)に放送される「世界の果てまでイッテQ! 3時間スペシャル」に出演する。

小林可夢偉は、“お祭り男”宮川大輔ととにも“世界で一番盛り上がるのは何祭り?〜伝統的な木の車祭りinタイ〜”に出演する。

このお祭りは、自作した木で作った車に乗って、坂道を走り降りるという大会。ちなみに宮川大輔は5年前に初出場で優勝している。

トヨタ、WEC第6戦バーレーンは接触で無念のリタイア

2012年9月30日
トヨタ
トヨタ・レーシングはFIA世界耐久選手権(WEC)第6戦バーレーン6時間レースで、チェッカーまで1時間あまり残したところでアクシデントに見舞われ、レースを終えることとなった。

2週間前のサンパウロで勝利を挙げたTS030 HYBRID #7は、アレックス・ブルツとニコラス・ラピエールのドライビングでスタートから2時間をリードしたが、その後勝利への可能性は遠ざかっていった。

2013年 WEC 世界耐久選手権 レース日程

2012年9月30日
FIA世界耐久選手権(WEC)
FIA世界耐久選手権(WEC)は、2013年のカレンダーを発表。ル・マン24時間は6月22日〜23日、富士6時間は10月20日に開催される。

FIA世界耐久選手権は、2010年からフランス西部自動車クラブ (ACO)が開催していたインターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC)を発展させたカタチで2012年からスタート。

F1日本GP前夜祭、T-SQUAREが“TRUTH”を演奏

2012年9月29日
T-SQUARE TRUTH
F1中継番組 「F1グランプリ 2012」のテーマ曲として14年ぶりに“復活”した“TRUTH”を奏でるT-SQUAREが、F1日本GP前夜祭でライブを行う事が決定した。

鈴鹿サーキット開場 50 周年を迎えた記念すべき年にF1の代名詞ともいえる名曲“TRUTH”が響き渡る。

T-SQUAREがF1日本GPの会場でライブを行うのは、2006年にHondaブースで開催して以来、6年ぶりとなる。

セバスチャン・ベッテル:F1日本GP プレビュー

2012年9月29日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

セバスチャン・ベッテル (レッドブル)
「鈴鹿サーキットは大好きだ。簡潔に言えば、驚くべきコーナーと素晴らしいファンがいる。ここに来るのは本当に好きだ。日本は2011年に信じられないくらい困難な経験をしていた。なので、苦しんでいる人達に少しでも楽しんでもらって、僕たちのサポートを示すことがとても重要だった」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 43 | 44 | 45 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム