2012年03月のF1情報を一覧表示します。

佐藤琢磨、初日は総合3位、ウェットではトップ (インディカー 第2戦)

2012年3月31日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、2012年 インディカー 第2戦 アラバマのプラクティス初日を総合3位、雨が降ったフラクティス2回目にはトップタイムを記録した。

佐藤琢磨
「とても手応えのある1日でした。2月にここでテストをしたときよりもマシーンに対する理解はずっと深まっています。2月に比べると今日はずっと暖かく、このためマシーンの感触も大きく変わっていました」

F1フランスGP、まだ契約締結には至らず

2012年3月31日
F1フランスGP
フランスのフランソワ・フィヨン首相は30日(金)、F1フランスGPの開催は契約間近ではあるが、契約を締結するまでにはまだ条件が整っていないことを明らかにした。

フランスのポール・リカール・サーキットを訪れたフランソワ・フィヨン首相は、2008年のマニクール以来となるF1フランスGPを復活させる試みは進展しているが、財政面とグランプリを共有する会場面でまださらなる交渉が必要であると述べた。

ザウバー、DRS連動Fダクトの開発に迷い

2012年3月31日
ザウバー DRS連動Fダクト
ザウバーは、メルセデスAMGが採用する革新的なFダクトをコピーする余裕がないことを明らかにした。

先週末のF1マレーシアGPで、ザウバーはDRS連動Fダクトの追加の直線スピードがなくても、ほぼ優勝といえるレースペースを発揮していた。

現在までFIAがこのシステムを合法と判断していることから、大きな予算を持ったチームは合法性に不満を述べつつも、死に物狂いでメルセデスのコンセプトをコピーしようと取り組んでいるのはほぼ間違いはない。

F1ドライバー Twitterアカウント

2012年3月31日
F1ドライバー Twitter
F1ドライバーが、Twitterを活用している。

30日(金)には、フェリペ・マッサが「やあ!!! これからみんなとツィートしていくよ!!! ハグを込めて」とTwitterアカウントを開設。開幕直前にはチームメイトのフェルナンド・アロンソもTwitterアカウントを開設した。

「Twitterはやらない」と公言しているセバスチャン・ベッテル、ミハエル・シューマッハ、キミ・ライコネンを除く現役F1ドライバーがTwitterを活用している。

ルーカス・ディ・グラッシ 「ピレリの仕事は鋭さを維持しておける」

2012年3月31日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、ピレリのテストドライバーを続けることで、チャンスが訪れた場合にF1レースに復帰できるようにドライビングの鋭さを維持しておけると考えている。

元ヴァージンのドライバーであるルーカス・ディ・グラッシは、今年プジョーのスポーツカープログラムに加わる予定だったが、プジョーが撤退したことでシートを得られなかった。

ハイメ・アルグエルスアリ、ピレリのテストドライバーに就任

2012年3月30日
ハイメ・アルグエルスアリ
ピレリは、ハイメ・アルグエルスアリを2012年のテストドライバーに起用することを発表した。

今年トロ・ロッソのF1シートを失ったハイメ・アルグエルスアリは、ルーカス・ディ・グラッシとともにテストドライバーを務めることになる。

ピレリが、パーマネントなテストドライバーを2名起用するのは初めてとなる。

メルセデスAMG、2013年にむけたルイス・ハミルトンとの交渉を否定

2012年3月30日
ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
メルセデスのノルベルト・ハウグは、2013年にルイス・ハミルトンがメルセデスAMGに移籍するとの噂を退けた。

ミハエル・シューマッハとの契約が今シーズン末で終了することで、メルセデスAMGは後任にルイス・ハミルトンを起用するとの推測があった。

「そのような推測は即座に退けることができる。これまで見聞きしたこと推測を考え合わせたに過ぎない」とノルベルト・ハウグは Sport Bild に述べた。

フェリペ・マッサ 「フェラーリの信頼を感じている」

2012年3月30日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1マレーシアGP後に予定を変更して訪れたマラネロから現在の心境を語った。

フェリペ・マッサ (フェラーリ)
チームと一緒に2012年の最初の2つのグランプリのあらゆる瞬間を分析し、オーストラリアとマレーシアでどうして僕たちが望んだようにいかなかったかの理由を理解するために一日を過ごした。そのような目的を念頭に、セパンでのレース後、予定を変更してマラネロに来た。

ケータハム 「ヤルノ・トゥルーリの解雇は正しい決断だった」

2012年3月30日
ヤルノ・トゥルーリ
ケータハムのチーム代表トニー・フェルナンデスは、ヤルノ・トゥルーリとヴィタリー・ペトロフに代えたのは「新しい才能を取り入れたかった」からだと述べた。

ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンのドライバーラインナップは、ロータス・レーシングとチーム・ロータスを名乗っていた最初の2年間、チームがコンストラクターズ10位でフィニッシュすることを助けた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム