2010年11月のF1情報を一覧表示します。

メルセデス・ベンツ、F1継続をコミット

2010年11月30日
メルセデス・ベンツ
2010年はメルセデスGPにとって期待外れなシーズンとなったが、メルセデス・ベンツはF1継続をコミットしている。

メルセデス・ベンツは、昨年末にブラウンGPを買収してメルセデスGPとしてF1参戦。ミハエル・シューマッハをF1に復活させた。

しかし、ミハエル・シューマッハは一度も表彰台に上ることはなく、メルセデスGPはシーズンを4位で周得よう。メルセデス・ベンツのF1継続に疑問の目が向けられていた。

ルイス・ハミルトン、MP4-26をシミュレーターでテスト

2010年11月30日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、MP4-26をシミュレーターでテスト。第一印象は非常にポジティブだと述べた。

ルイス・ハミルトンは、ワーキングのマクラーレン本部で2011年マシン「MP4-26」をシミュレーターでドライブ。初期段階ではあるが、クルマは来シーズンにむけて良い状態にあると述べた。

「いい感じのアイデアや改善がたくさんあるね」とルイス・ハミルトンは自身のTwitterでコメント。

ヘイキ・コバライネン、重度の脳震盪でしばらく安静に

2010年11月30日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、レース・オブ・チャンピオンズのクラッシュで「重度の脳震盪」を起こしたことで、数日間ベッドで安静にするよう命じられた。

ヘイキ・コバライネンは、日曜日に行われたレース・オブ・チャンピオンズで、アウディR8を運転中にアクセルが戻らないトラブルに見舞われ、壁に激突した。コバライネンは、30秒意識を失い、検査のために病院に搬送された。

29日にスイスでさらに検査を受けたコバライネンは、重度の脳震盪と頭痛のため「予防措置として自宅で休養」することになった。

カンポス、2011年からAuto GPに参戦

2010年11月30日
カンポス
カンポス・レーシングは、2011年からAuto GP参戦することを発表した。

カンポスは、2010年のF1参戦権を獲得していたが、資金繰りに行き詰まったエイドリアン・カンポスは、シーズン開幕長句全にヒスパニア・レーシングのホセ・ラモン・カラバンテにチームを売却した。

元F1ドライバーのエイドリアン・カンポスが1998年に設立したカンポス・レーシングは、2008年のGP2チャンピオンを含め、いくつかのシリーズで成功を収めている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、今週中にも来季のF1活動を発表か

2010年11月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグのマメジメントによれば、まもなくヒュルケンベルグのF1での将来に関するニュースが発表される可能性が高い。

ウィリアムズのシートを失ったニコ・ヒュルケンベルグだが、マネージャーのウィリー・ウェバーは、フォース・インディアと交渉していることを明らかにしていた。

ヒュルケンベルグのマネジメントとともに働くティモ・ガンズは「今週何かが起こる可能性は高い」と DPA通信にコメント。

ディーン・スミス、マクラーレンMP4-23でテスト走行

2010年11月30日
ディーン・スミス
ディーン・スミスが、シルバーストンでマクラーレンの2008年マシン「MP4-23」をドライブした。

イギリス人ドライバーのディーン・スミス(22)は、昨年度のMcLaren Autosport BRDC Awardを受賞。今回のテストはそのご褒美として行われた。

「F1カーをドライブすることはずっとやりたかったことだし、実際にその目標を達成できました。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとMcLaren Autosport BRDC Awardの皆さんに感謝したいです。本当に夢が叶いました」とディーン・スミスはコメント。

中嶋一貴、フォーミュラ・ニッポン合同テスト初日は3番手

2010年11月30日
中嶋一貴
中嶋一貴は29日(月)、富士スピードウェイで行われたフォーミュラ・ニッポン第三回公式合同テストに参加。3番手タイムを記録した。

2009年末にウィリアムズのF1シートを失ってから、一年以上ぶりの本格的なテストとなった中嶋一貴。

PETRONAS TEAM TOM’Sのマシンを走らせた中嶋一貴は、トップの塚越広大コンマ3秒差遅れの1分24秒172を記録。テスト初日を3番手タイムで終えた。

ブリヂストン、F1特別企画展「Bridgestone 14 years in F1」を開催

2010年11月30日
ブリヂストン
ブリヂストンは、企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)で特別企画展「Bridgestone 14 years in F1」を開催する。展示期間は2010年11月29日(月)から2011年2月下旬までの予定。

今シーズンでF1を撤退したブリヂストン。「Bridgestone 14 years in F1」ではブリヂストンがF1に参戦した14年間の軌跡やF1車両、F1タイヤなどを展示。14年間の集大成とも言える展示を通して感謝の意を伝える。

国際オリンピック委員会、2014年のF1ロシアGP開催を懸念

2010年11月30日
F1 ロシアGP
国際オリンピック委員会(IOC)は、2014年に冬季オリンピックと同じソチでF1がロシアGP開催を計画していることを懸念している。

国際オリンピック委員会のスポークスマンを務めるアンドリュー・ミッチェルは、ロシアが2014年にF1と冬季オリンピックを開催することは「不可能」だろうと述べた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム