2010年03月のF1情報を一覧表示します。

ファイルーズ・ファウジー、マレーシアGPの金曜日に出走

2010年3月31日
ファイルーズ・ファウジー
ロータスは、F1マレーシアGPの金曜フリー走行でファイルーズ・ファウジーが走行することを明らかにした。

ロータスは、マレーシアが支援しているため、母国GPではマレーシア出身のテストドライバーであるファイルーズ・ファウジーがドライブすると予想されていた。

ファイルーズ・ファウジーは、金曜午前のフリー走行でヘイキ・コバライネンに代わりT127をドライブする。

ロータス、マキシスとスポンサー契約へ

2010年3月31日
マキシス
マキシスは、ロータスのスポンサーを務めることを認めた。

ロータスが、マレーシアの大手通信事業者マキシス(Maxis)とスポンサー契約を結び、マレーシアGPでT127のフロントノーズにロゴが掲載されるとの噂はこれまでも報じられていた。

チームからの正式発表はまだだが、マキシスのCOOであるJean Pascal van Overbekeは、この報道を認めている。

エイドリアン・スーティル:F1マレーシアGPプレビュー

2010年3月31日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、F1マレーシアGPへ向けての意気込みを語った。

オーストラリアは残念ながらリタイアとなってしまいましたが、その時点まではポジティブでした。現在、週末をどのようにお考えですか?
もちろん、レースをあれほど早く(9周)リタイアしたことは期待はずれだったね。パワーを失い始めていたし、僕たちにできることはクルマをリタイアさせることだけだった。良いレースができると思っていたので、少しフラストレーションを感じたね。

ヴィタントニオ・リウッツィ:F1マレーシアGPプレビュー

2010年3月31日
ヴィタントニオ・リウッツィ
ヴィタントニオ・リウッツィが、F1マレーシアGPへ向けての意気込みを語った。

オーストラリアでは2連続ポイントでしたね!どのようなレースでしたか?
クルマはトラックが乾いてくるにつれ、どんどん良くなっていった。序盤はアンダーステアに苦労したけど、フロントウィングアジャスターがうまく働いていて少しは調整できたし、レース中に最適なセットアップに近づいていった。ラスト15周は、バリチェロが2ストップ戦略だったのでかなり厳しかったし、ギャップが縮まるのは本当に早かったけど、なんとかリアタイヤを管理して、後ろのクルマをコントロールしようとしていたし、うまくいった。

ポール・ディ・レスタ:F1マレーシアGPプレビュー

2010年3月31日
ポール・ディ・レスタ
ポール・ディ・レスタが、F1マレーシアGPへ向けての意気込みを語った。

オーストラリアはチームとの初めてのフリープラクティスセッションでしたが、ポジティブな経験になりましたか?
確かにF1でテスト兼リザーブドライバーとしてあのようなチャンスを得ることはとても独特な経験だった。とても生産的なセッッションだった。初めてドライでマシンに乗れたし、新しいトラックでもあったので、ポジティブで価値ある走行ができた。もちろん緊張していたよ。アルバートパークは壁とバンプがあって物凄いサーキットだ。でも、そこで再びマシンを学んでチームの役に立てることを楽しみにしていた。ラップごとにマシンに対する自信は深まっていったし、データを見てエンジニアと話してみて、マレーシアではもう少しうまくやれると感じている。

ニック・ハイドフェルド、リザーブドライバーとしての帯同に苦悩

2010年3月31日
ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、リザーブドライバーとして予選を見ているだけの状況に対応するのに苦しんでいることを明らかにした。

2010年のレースシートを獲得できなかったハイドフェルドは、今年メルセデスGPのリザーブドライバーと全レースに帯同する。

「変な感じだよ。特に予選の前は苦しんでいる」とハイドフェルドはドイツ紙 FAZ にコメント。

ブレンボ、ベッテルのブレーキ故障を否定

2010年3月31日
ブレンボ F1 ブレーキ
レッドブルにブレーキを提供しているブレンボは、オーストラリアGPでのセバスチャン・ベッテルのリタイアがブレーキの故障が原因であるとの報道を否定した。

ベッテルは、オーストラリアGPでトップを快走していたが、26周目に左フロントホイールにトラブルが発生し、レースをリタイアした。

ブレンボは30日に声明を発表。ベッテルのマシンの故障はブレーキとは無関係であると説明した。

ルイス・ハミルトン:F1マレーシアGPプレビュー

2010年3月30日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンが、F1マレーシアGPへ向けての意気込みを語った。

ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「セパンには、カレンダー全体のなかでも最高といえる高速コーナーがいくつかある。そして今年、僕たちは去年よりもはるかサーキットに適したクルマを持っていると思う。だから、良い結果を残せると楽観視してマレーシアに向かっているよ」

ジェンソン・バトン:F1マレーシアGPプレビュー

2010年3月30日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ジェンソン・バトン (マクラーレン)
「先週のメルボルンでシーズン初勝利を収めたことはかなりの偉業だったし、今週末に向けてチームのメンバー全員により大きな情熱を与えるものだった。それでも僕たちはクルマは他のクルマほどサーキットの特性に合っていないかもしれないと考えてセパンに向かうと思う。でも、僕は再び上位を争えると自身を持っている」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム