2008年09月のF1情報を一覧表示します。

バレンティーノ・ロッシ、フェラーリF1のテストを希望

2008年9月30日
バレンティーノ・ロッシ
2008年のMoto GP王者となったバレンティーノ・ロッシは、優勝のご褒美としてフェラーリでのF1テストを希望している。

バレンティーノ・ロッシは、28日に行われたMoto GP日本GPで6度目のタイトルを獲得したが、レース後に数年前にテストしたF1のスリルを恋しく思っていることを認めた。

2008年チャンピオンシップ制覇の報酬として何が欲しいかについて尋ねられたロッシは、「もう一度フェラーリをドライブしたい。乗用車じゃなくてF1マシンでね」と答えた。

ティモ・グロック、シンガポールGPを振り返る

2008年9月30日
ティモ・グロック トヨタF1チーム
トヨタF1チームのティモ・グロックが、4位入賞を遂げたF1史上初のナイトレースであるシンガポールGPを振り返った。

ナイトレースで4位でしたね! 満足していますか?
自分がやった仕事と今回のレースについては嬉しく思う。コースはとてもバンプが多く、レースはほぼ制限時間一杯の2時間に及んだから、キツい仕事だったけどね。このレースが厳しいものになることや集中力が鍵になることは事前に分かっていたから、自分がミスなく61周を走り切れたことは嬉しいね。バンプがあったから、このコースのためにクルマをセットアップするのはかなりの挑戦になったけど、でもチームはそのために懸命に仕事をし、そのお陰でクルマから最大限のものを得ることができたんだ。

ルノー、来季はルーカス・ディ・グラッシを起用か

2008年9月30日
ルーカス・ディ・グラッシとネルソン・ピケJr.
ルノーは2009年、ネルソン・ピケJr.に変わり、ルーカス・ディ・グラッシをシートに座らせるかもしれない。

今年F1に参戦したルーキーのピケJr.は、ドイツGPで幸運な2位表彰台を獲得したが、チームのナンバー1ドライバーであるフェルナンド・アロンソに匹敵するようなペースは見せられていない。

チームに近い情報筋によると、ピケJr.はチームでの2年目を正当化するために十分ではなく、彼の状況は、ルーカス・ディ・グラッシが最近のヘレステストでの堅実な3日間をチームに印象付けたことで悪化したという。

F1第15戦シンガポールGP決勝 (ドライバーコメント)

2008年9月29日
F1 シンガポールGP 決勝
2008 FORMULA 1 SingTel Singapore Grand Prix

1位 フェルナンド・アロンソ (ルノー)
「素晴らしい勝利だ!今シーズン初めての表彰台で初勝利だ。とてもうれしい。でも、この結果を実感するには数日かかるかもしれない。ここで勝つのは、ほとんど不可能だと思っていた。なぜなら、昨日の予選で(上位に行ける)チャンスを失してしまったからだ。でも今日はとても幸運に恵まれ、すばらしい結果になった。我々は、とても積極的な作戦をとり、そして運も味方した。でも、マシン自体も速く、このレースウィークを通して良い感触だった。」

ルノー:アロンソが見事な優勝!(シンガポールGP)

2008年9月29日
ルノー F1
ルノーは、F1シンガポールGPで、フェルナンド・アロンソが優勝。ネルソン・ピケJr.はリタイアだった。

フェルナンド・アロンソが、ルノー復帰後、待望の今季初優勝をとげた。

予選では失意のメカニカルトラブルが発生し、15番手からスタートしたフェルナンド・アロンソ。しかし、ソフトタイヤ&ショートスティントの戦略が功を奏し、セーフティカー導入後にトップに立ったあとは、週末にみせていたような完璧な走りをみせ、今季初優勝を遂げた。

フェラーリ:チャンピオンらしからぬ不甲斐ないレース(シンガポールGP)

2008年9月29日
フェラーリ F1
フェラーリは、F1シンガポールGP決勝レースで、フェリペ・マッサが13位、キミ・ライコネンが15位だった。

今回のフェラーリは、タイトル争いをしているチームとは思えないほど、非常に情けないレースだった。

ポールポジションからスタートしたマッサは、序盤、快調に首位をキープ。しかし、セーフティカー時のピットストップで事故は起こった。

ウィリアムズ:ロズベルグが2位表彰台(シンガポールGP)

2008年9月29日
ウィリアムズ F1 ロズベルグ
ウィリアムズ、F1シンガポールGP決勝レースで、ニコ・ロズベルグが2位、中嶋一貴が8位だった。

混乱のレース展開の中、ニコ・ロズベルグが見事に2位表彰台を獲得した。

セーフティカーのタイミングがピットインと重なり、ストップ&ゴーペナルティを余儀なくされたロズベルグ。しかし、ペナルティまでの間に後ろとのギャップを広げたロズベルグはピットアウト後も2位を死守。自身最高位となる2位表彰台を獲得した。

トヨタ:グロック4位、戦略に満足(シンガポールGP)

2008年9月29日
トヨタ F1
トヨタは、F1シンガポールGP決勝レースで、ティモ・グロックが4位、ヤルノ・トゥルーリはリタイアだった。

スタートの後、ティモ・グロックは6番手、ヤルノ・トゥルーリは9番手まで順位を上げた。そして、レース中盤にはセーフティカーが出る展開となったが、両者揃って順位を上げ、ポイント圏内を走行。

しかしその後、ヤルノ・トゥルーリはクルマのトラブルで無念のリタイアを喫した。ティモ・グロックは堅実な走りを見せ、最終的に4位に入賞し、貴重なポイントを獲得した。

マクラーレン:ハミルトンが余裕の3位(シンガポールGP)

2008年9月29日
マクラーレン
マクラーレンは、F1シンガポールGP決勝レースで、ルイス・ハミルトンが3位、ヘイキ・コバライネンは10位だった。

2番手からスタートしたルイス・ハミルトンは、セーフティカー導入後に順位を落とすが、リスクを冒さない堅実な走りで3位表彰台を獲得。フェリペ・マッサがノーポイントだったため、チャンピオンシップのリードを7ポイントまで広げた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム