ジャック・ドゥーハン、アルピーヌF1チームとの経験の蓄積に取り組む
ジャック・ドゥーハンは、オスカー・ピアストリが現在担当しているリザーブドライバーの役割への予想される昇進に先立って、アルピーヌF1チーム内で経験を積むことに取り組んでいる。

オスカー・ピアストリは、アルピーヌF1チームとの契約論争の後でチームを離れ、2023年にF1デビューのためにマクラーレンに加入する。

オスカー・ピアストリとジャック・ドゥーハンはどちらもアルピーヌ・アカデミーのメンバーであり、ドゥーハンはアカレミー内でピアストリに次ぐ2番目のメンバーだ。

F1チームは非常に機密性が高く、退職するスタッフがアクセスできる情報を制限する。ダニエル・リカルドは、マクラーレンですでにそのプロセスが始まったことを認めてい。

したがって、アルピーヌF1チーム内でもオスカー・ピアストリに同じことが起こると考えているのは理にかなっている。

ジャック・ドゥーハンは、アルピーヌF1チームがオスカー・ピアストリに提供したくない責任のいくつかを引き受けるのに適した立場にある。

最近のグランプリで、ジャック・ドゥーハンは、セッション中にアルピーヌF1チームのガレージに姿をみせている。

Speedcafe.com で現在の役割について尋ねられたジャック・ドゥーハンは「正直に言って、できる限り多くのことを学ぼうとしているだけだ」と語った。

「利用できる良い機会であり、そこに座って、セッションを通して2台の車のデータを読んで分析し、彼らの報告と分析を聞くことができる」

「このような機会があるときは、F2で助けになるために使用できるものは何でも利用していく」

ジャック・ドゥーハンは、2023年シーズンに空席となっているエステバン・オコンのチームメイトのアルピーヌF1チームのオプションのひとつだ。

しかし、より可能性が高いのは、ピエール・ガスリーがアストンマーティンに移籍したフェルナンド・アロンソの後任として加入することだ。

これは、レッドブルが、2023年末まで契約を結んでスクーデリア・アルファタウリに配置しているピエール・ガスリーをリリースするかどうかにかかっている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ニック・デ・フリースと2023年シーズンの現在ガスリーが乗っているアルファタウリのF1シートの契約について話し合っている。

当初、それはコルトン・ハータをターゲットにしていたが、F1スーパー ライセンスを確保することができず、それらの計画を打ち切られた。

角田裕毅とチームメイトとしてニック・デ・フリースが加入することができれば、ピエール・ガスリーは当初の意図通りアルピーヌF1チームに移籍することができる。

その場合、ジャック・ドゥーハンは少なくとももう1シーズンのF2参戦とアルピーヌF1チームのリザーブドライバーの役割へ昇格する可能性がある。

実際、それは今シーズンの終了前に発生する可能性が高いが、まだ正式に議論されていない。

「もちろん、オスカーは今シーズンもアルパインと契約しており、アルパインのリザーブドライバーだ」とジャック・ドゥーハンは語った。

「億に何かが提案されると思う前に、彼らは彼に何が起こっているのか、そして、今後自分たちにとって最善の策は何かを整理する必要がある」

「正直なところ、僕が言えることはこれ以上ない」

「もっと話したいけど、現時点ではF2に集中させてほしいし、結果で語らせてほしい」

「アブダビ前のオフタイムで何ができるかを確認できることを願っているけど、現時点ではそれ以上のことは言えない」

ジャック・ドゥーハン、F2での初のフルタイムシーズンでランキング4位につけてろい、2022 年にはすでに3勝を挙げている。

2022年のF2はすでにフェリペ・ドルゴビッチがチャンピオンを確定させている。このブラジル人はアストンマーティンF1チームのリザーブ ドライバーとして契約を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ