アルピーヌF1代表、オスカー・ピアストリに失望「忠誠を期待していた」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、2023年にチームでレースをすることに合意することを拒否したオスカー・ピアストリに「もっと多くの忠誠を期待していた」と述べた。

フェルナンド・アロンソが 2023年にアストンマーティンF1に移籍するというニュースを受けて、アルピーヌF1チームは2023年のエステバン・オコンのパートナーとしてオスカー・ピアストリを起用する声明を発表した。だが、発表にはピアストリからの引用はなかった。

その後まもなく、現在アルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリは、2023年にエンストンのチームでレースをするという主張に反論した。

オスカー・ピアストリは、他のチームから賞賛されていることで知られている。以前、ピアストリアは、ウィリアムズへのローン移籍と関連があり、最近ではマクラーレン移籍が噂されている。

RacingNews365.comはその後、オスカー・ピアストリが、ダニエル・リカルドの代わりに2023年にマクラーレンでレースする契約に合意したと報じている。

すべてのF1契約を承認するFIA(国際自動車連盟)の契約承認委員会は、アルピーヌとの既存の契約を却下して、マクラーレンとのオスカー・ピアストリの新しい契約を承認したと言われている。

さらに、RacingNews365.comは、オスカー・ピアストリはアルピーヌF1チームと2022 年の契約を結んでいるが、2023年の契約を結んでいない報道。。彼の2022年の契約には、2023年のピアストリのサービスに関するオプションが含まれていると言われているが、そのオプションは必要な30日以内に行使されなかったとしている。

オトマー・サフナウアーは、El Confidentialとのインタビューで、状況の結果は「まだ決定されていない」ことを認めた。

「我々はピアストリと契約を結んでおり、彼は11月にサインしました。弁護士と話をしたところ、これは拘束力のある契約であると言われており、その契約の一部により、2023年にオスカーを我々の車の1台に乗せることができる。それがプレスリリースを発行した理由だ」とオトマー・サフナウアーは主張した.

「2024年のオプションもあり、ドライバーを別のチームに『ローン移籍』させる可能性もある。我々はフェルナンドをあと1年間我々と一緒にいることを望んでいたし、2023年にオスカーを『ローン移籍』さえることを望んでいた」

「私はすべての記者会見で常にピアストリが2023年にF1に参戦すると言ってきたが、それは、フェルナンドが残った場合、彼が別の車にレンタルされる可能性があることを知っていたからだ」

「しかし、アロンソは何らかの理由 - 理由はわかっていると思うし、彼に尋ねるべきだろうが - 彼はアストンマーティンに行く。だから、我々はピアストリとの合意をファイナライズさせ、アロンソを手放す代わりに、ピアストリを我々の車に乗せることを決定した。したがって、声明を出した」

オスカー・ピアストリが、ジュニアキャリアを支えてきたアルピーヌにとどまるのではなく、別のチームでレースをすることを検討する理由を尋ねられたオトマー・サフナウアーは「ピアストリに聞くべき質問だ。私にも分からない」と答えた。

オトマー・サフナウアは、アルピーヌF1チームの「非常に優れた」戦略計画について言及し、次のように付け加えた。

「我々の将来、我々全員が取り組んでいる100レースプランにはピアストリの余地もあると思っている。そして、我々は彼をサポートした」

「彼を準備するために文字通り何百万ユーロも投資したという事実には、ある程度の忠誠心があるべきだ。だから、私もそれを理解できない。彼に尋ねるべきだ」

オトマー・サフナウアーは、オスカー・ピアストリの忠誠心の欠如を批判した。

「ピアストリはもっと忠誠を尽くすと思っていた」とオトマー・サフナウアーはコメントした。

「彼は面倒を見てくれたチーム、彼を世界選手権に連れて行ったチーム、そして、何よりもサーキットを知るために昨年中に彼をF1カーに乗せて準備を整えたチームと一緒にいる必要がある」

「オスカーには、彼が示している以上の忠誠心を期待していた。私は1989年にF1で始めたが、このようなことは見たことがない。それはF1についてではなく、人間としての誠実さについてだ」

「それはアイスホッケーでもサッカーでも起こり得る。それは問題ではない。しかし、それとは異なる。 彼は紙と文書にサインし、何か違うことをすると言った」

「私が育った方法では、紙にサインする必要などなかったし、誰かに『あなたは嘘をついている。これにサインした』と言わせる必要はない。 私としては『助けてほしい。明日は助けてあげるから』と言ったら、約束を破るわけにはいかない」

「アルピーヌからピアストリに頼んだことはすべてやった。あなたがこれをすれば、私はこれをするという約をしている。『条項があれば、ここから抜け出すことができる』と書かれている紙は必要ない」

オスカー・ピアストリの状況をめぐる劇的な出来事の中で、オトマー・サフナウアーは、ピアストリがチームのためにレースをしなくても、アルピーヌF1チームの2つ目のシートを埋めることについて心配していないと語る。

「もしピアストリがマシンに乗らないなら、彼はそうなるだろうと思うが、フェルナンドが不在で、興味を持っているドライバーからの電話が14件ほどある。アルピーヌのシートは残っている最も貴重なシートだからだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

オトマー・サフナウアーは、オスカー・ピアストリがチームを離れた場合、金銭的補償を求める可能性も排除していない。

「昨年、彼をシングルシーターに乗せ、3,500kmを走破したことを考慮に入れなければならない」とオトマー・サフナウアーは付け加えた。

「我々は彼と一緒に7回の独立したテストを行ったが、これは決して安くはない。エンジンだけで1,750,000ユーロの費用がかかる。メカニック、テストを管理したチーム、フライト、旅行...」

「我々はピアストリが将来に備えるために多額のお金を費やしてきた。そして、その未来が我々と一緒にないのであれば、我々が補償を求めることは論理的かつ公正だ」

RacingNews365の情報筋は、アルピーヌが月曜にも契約承認委員会に異議申し立てを行う予定であると伝えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ