アルピーヌF1代表、NetflixのカメラがF1チーム会議に入ることを歓迎
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、Netflixが舞台裏で主要な会議にアクセスできるようになることは、人気のあるDrive to SurviveシリーズでのF1の認知度を高めるのに役立つと考えている。

報道によると、Netflixのカメラは、F1カナダグランプリに先立って行われたポーパシングの量を制限することを目的としたFIA(国際自動車連盟)の新しい技術指令の影響について話し合ったチーム代表たちの激しい会議を撮影していたとされている。

その会議では、レッドブルのクリスチャン・ホーナーとメルセデスのトト・ヴォルフが衝突。彼と他のチームプリンシパルが「政治的ゲーム」をプレイしたことを非難し、新しい技術指令がメルセデスを不釣り合いに助けていることを示唆したと伝えられている。

オトマー・サフナウアーは、2010年にリリースされたアイルトン・セナのドキュメンタリーの例を指摘。これは、ドライバーブリーフィングでFIAに激しく抗議する珍しい映像を収められている。Netflixを現在の会議に参加させることで、再びそういったドラマに光が当てられる可能性がある。

オトマー・サフナウアーは、Netflixのカメラの存在により、口を閉ざした状態に保つ可能性もあると付け加えながら、Netflixのアクセスは全体的にプラスの影響を与える可能性があると感じていると語る。

「まあ、それによって少し控えめな発言になるのは確かだがね!」とオトマー・サフナウアーは笑う。

「Netflixがそこにいるべきか、それともいるべきではないかは私には分からないがね」

「セナの映画を見たのを覚えている。何年も前、彼らはそのようなタイプの会議にカメラを入れていた」

「ファンにとってそれは良いことか? 彼らがそういったことのいくつかを理解すれば、それは我々全員の助けになるか? おそらくね」

「カメラがなければ存在しなかっただろうドラマが生み出されることにあるか? 分からない」

「コントロールされた実験ではないので、話すのてゃ難しい。今までは彼らなしで同じ会議をしなければななかった。だから、分からない」

「しかし、人々はそれが影響力を持っていると推測するだろう。そして、おそらくそうなるだろう。それは良いこと? それとも悪いことか? 私には分からない」

「だが、ファンがそれを見て理解することは、そういうものが我々のスポーツに少しの魅力を加えるだけだと思う。それは良いことだと思う」

そして、オトマー・サフナウアーは、より広い文脈で、Drive to SurviveがF1の世界的な人気に与えた影響については疑いの余地はないと述べた。

「カナダへのフライトで、シカゴ出身のファン、ミシガン出身ファンに会った」とオトマー・サフナーは回想した。

「彼らは二人とも『私たちはCOVID F1ファンです』と言っていた。私は彼らに『それはどういう意味でか?』と尋ねた」

「彼らは…COVIDの間、F1だけがテレビでやっていたと言っていた。彼らはすべてのF1レースを見ていて、その後、Netflixを見て、今では理解していると言っていた」

「驚いたことに、彼らは最初のレースを見るためにデトロイトとシカゴからここに来たそうだ。そのうちの1人はマイアミにも行ったので、カナダは2番目のレースだった」

「Neflixはそういった人々を引き付けるのを助ける。我々は素晴らしいスポーツをしていると思う。以前は手入れの行き届いた秘密だった。より多くの人々にそれに晒すならば、それは我々全員にとってより良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ